皇室用「お召し列車」時代とともに変わる役割…令和ではどうなる?

皇室

2019/05/13 08:00

 皇室とともに日本を駆け抜けた「お召し列車」。その歴史は、明治の鉄道開業までさかのぼる。明治から大正、昭和、平成、そして令和へ──。その役割は、少しずつ変わってきた。

あわせて読みたい

  • 「乗り鉄」だった昭和天皇 お召し列車18万キロの旅

    「乗り鉄」だった昭和天皇 お召し列車18万キロの旅

    AERA

    4/9

    皇族専用の“お召し列車”に乗れる方法があった!

    皇族専用の“お召し列車”に乗れる方法があった!

    dot.

    2/16

  • 平成の皇室の象徴「ひざまずき」のスタイルはいかにして生まれたのか?

    平成の皇室の象徴「ひざまずき」のスタイルはいかにして生まれたのか?

    AERA

    4/30

    昭和天皇に相次いだ“直訴” 理由は「男前」だから?

    昭和天皇に相次いだ“直訴” 理由は「男前」だから?

    週刊朝日

    11/17

  • 畳敷きの座席でワンデイトリップ! 希少な「お座敷列車」がこの夏オススメな理由

    畳敷きの座席でワンデイトリップ! 希少な「お座敷列車」がこの夏オススメな理由

    dot.

    7/31

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す