プログラミング授業をアナログで可視化? 目からウロコの授業法とは (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

プログラミング授業をアナログで可視化? 目からウロコの授業法とは

連載「61歳の新入社員 元校長のプログラミング教育奮闘記」

このエントリーをはてなブックマークに追加
福田晴一(ふくだ・はるかず)/昭和31(1956)年、東京都生まれ。みんなのコード学校教育支援部主任講師、元杉並区立天沼小学校校長。約40年の教員生活を経て、2018年4月NPO法人「みんなのコード」に入社。61歳で新入社員となる。2020年度からの小学校におけるプログラミング教育必修化に向け、指導教員を養成すべく、全国を東奔西走中

福田晴一(ふくだ・はるかず)/昭和31(1956)年、東京都生まれ。みんなのコード学校教育支援部主任講師、元杉並区立天沼小学校校長。約40年の教員生活を経て、2018年4月NPO法人「みんなのコード」に入社。61歳で新入社員となる。2020年度からの小学校におけるプログラミング教育必修化に向け、指導教員を養成すべく、全国を東奔西走中

キャラクターに扮して説明する瓜生小の先生たち

キャラクターに扮して説明する瓜生小の先生たち

 61歳で公立小学校の校長を定年退職した福田晴一さんが「新入社員」として入社したのはIT業界だった! 転職のキーワードは「プログラミング教育」。今回は、東京都・多摩区にある小学校でのプログラミング研修についてご紹介します。

【多摩市立瓜生小学校のプログラミング授業の様子】

*  *  *
 今回は、東京都プログラミング教育推進校である、多摩地区の典型的な住宅街にある多摩市立瓜生小学校の実践的な取り組みを紹介したい。

 多摩市立瓜生小学校は、平成の初期に多摩市の人口増加に伴い、近隣の学校の校区を変更して新設された学校である。学校のホームページの沿革史を見ると、550名で開校した瓜生小も、現在では半分にも満たない230名の規模となっている。小学生だった子どもたちが、年月とともに中学生、高校生になり、児童数が減少したのだ。この地区は都心へのアクセスも良くマンションが多いことから、転出入も少ないことも影響している。

 瓜生小の校長先生は、私が現役時代の後輩にあたる。若い頃から海外にも視野を向けており、在外教育施設(東南アジアの日本人学校)の勤務経験がある彼に、日本人学校の現状等を聞いて刺激を受けていた。そんな彼の支援があり、私も後にアメリカのフィラデルフィア補習授業校の校長として、3年間勤務することになった。

 それから、十年近い月日か過ぎ、彼が瓜生小の校長になり、瓜生小が東京都のプログラミング推進校となったとき、私に講師依頼を相談してきた。もちろん私は、お世話になった彼への恩返しとして、全面協力することを心に決めて引き受けた。今年度も、継続して支援する心は変わらない。

 話を現場に戻したい。

 瓜生小の先生方のプログラミング教育に対する入れ込みは半端ないものがある。

 4年生の総合によるプログラミングの授業は、「アングリーバード(ANGRY BIRDS)」というプログラミングソフトを使用した授業だ。アングリーバードのキャラクターを指定したルートや障害物をよけたりしながら豚のキャラクターを捕まえにいく、という教材である。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい