新天皇は歴史学者 関心のきっかけは赤坂御用地で出会った「奥州街道」 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

新天皇は歴史学者 関心のきっかけは赤坂御用地で出会った「奥州街道」

このエントリーをはてなブックマークに追加
北野隆一AERA#皇室
川の洪水を制御するため戦国時代に建設された「信玄堤」を視察し、伝統的河川工法についての説明を聞く皇太子さま(現天皇陛下)/16年10月14日、山梨県甲斐市で (c)朝日新聞社

川の洪水を制御するため戦国時代に建設された「信玄堤」を視察し、伝統的河川工法についての説明を聞く皇太子さま(現天皇陛下)/16年10月14日、山梨県甲斐市で (c)朝日新聞社

天皇陛下の主な論文・講演(AERA 2019年5月13日号より)

天皇陛下の主な論文・講演(AERA 2019年5月13日号より)

 児玉氏との縁は深い。徳仁天皇陛下が1960年に誕生して間もないころ、産湯につかった陛下に学者が「日本書紀」などの古典を読み聞かせる皇室の儀式「浴湯の儀」に児玉氏が立ち会った。高校時代からは父の明仁皇太子(いまの上皇さま)とともに、児玉氏らによる歴代天皇の事蹟に関する進講を聴いた。2001年の愛子さま誕生の際の浴湯の儀でも、日本書紀の推古天皇の条の朗読を児玉氏に依頼している。

 卒論のテーマは日本中世の水上交通史。室町時代の瀬戸内海での物資流通の実態を記した史料が発見されたことがきっかけだった。83年から2年間留学した英オックスフォード大学でも、18世紀のテムズ川の水上交通史を専攻。帰国後は学習院大学史料館の客員研究員として研究を続けた。公家が記した文書などを解読し、牛車など中世の交通手段や関係文書の成立過程について調べた学術論文を数年に1回発表している。

 日英の大学で史料を調べ、古文書を繰った経験を『テムズとともに』でこう書く。「生の史料に当たり、ある時は読みにくい文字に奮闘しながら、またある時は舞い上がるほこりを吸いながら取り組むことは、何か史料を通してその時代の温もりを感じるような気がしてひじょうに嬉しいことであった」

(朝日新聞編集委員・北野隆一)

AERA 2019年5月13日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい