オウム元死刑囚に「信念を貫く意志」遺族が見た裁判の一部始終

2019/03/20 08:00

 地下鉄サリン事件被害者の会代表世話人の高橋シズヱさんが、実行犯である広瀬健一元死刑囚の手記に寄稿した。どのような思いから、言葉を寄せたのか。彼にどのような感情を抱いているのか。死刑執行後の心境を聞いた。

あわせて読みたい

  • 麻原の四女が「父には100人の愛人がいた」とオウムの「大奥」を暴露

    麻原の四女が「父には100人の愛人がいた」とオウムの「大奥」を暴露

    週刊朝日

    6/13

    27歳ですでに詐欺師… 麻原彰晃はどうやって出来上がったのか?<麻原彰晃の真実(1)>

    27歳ですでに詐欺師… 麻原彰晃はどうやって出来上がったのか?<麻原彰晃の真実(1)>

    週刊朝日

    7/6

  • 鈴木おさむ「『人殺しの息子と呼ばれて…』を見て感じた恐怖」
    筆者の顔写真

    鈴木おさむ

    鈴木おさむ「『人殺しの息子と呼ばれて…』を見て感じた恐怖」

    週刊朝日

    11/2

    オウム死刑執行も癒えない遺族の傷「ひとつの区切りでしかない」

    オウム死刑執行も癒えない遺族の傷「ひとつの区切りでしかない」

    AERA

    3/20

  • 14人目の死刑囚になるはずだった村井秀夫 母親が語ったその闇とは?

    14人目の死刑囚になるはずだった村井秀夫 母親が語ったその闇とは?

    週刊朝日

    7/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す