「ボヘラプ愛」が英語上達の近道? 専門家に聞く効果的学習法 (2/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「ボヘラプ愛」が英語上達の近道? 専門家に聞く効果的学習法

このエントリーをはてなブックマークに追加
高橋有紀AERA
(c)2018 Twentieth Century Fox

(c)2018 Twentieth Century Fox

ブライアンやロジャーが所属するバンド「スマイル」のライブ後、フレディ(左)とメアリーが話をする (c)2018 Twentieth Century Fox

ブライアンやロジャーが所属するバンド「スマイル」のライブ後、フレディ(左)とメアリーが話をする (c)2018 Twentieth Century Fox

「misfitsは、『社会との違和感』『孤独の深掘り』といったロックの概念を象徴するような言葉。歌詞やインタビューにもよく登場する、ロック頻出単語です」(鈴木さん)

 作中で繰り返される“We’re family.”(俺たちは家族)のセリフもクイーンをよく表している、と鈴木さん。

 バンドというと、ビートルズのジョン・レノンとポール・マッカートニー、ローリング・ストーンズのミック・ジャガーとキース・リチャーズのようにバンドを代表する2人が「長年連れ添った夫婦のような関係」などと表現されることが多い。だがクイーンの場合、4人全員が作詞・作曲する平等意識もあるのか、自分たちをfamilyになぞらえるのだろう。

 misfitsとfamilyのキーワードがどこで登場するか。注意しながら映画を見てほしい。

「映画もいいですが、ユーチューブではインタビュー映像も出てきます。聞き取りやすいので、どんな英語が話されているか、ぜひ本人たちが語る言葉も聞いてみてください」(鈴木さん)

「『好き』がいちばんの原動力になる」と、映画や海外ドラマを活用した英語力アップを勧めるのは、英語教材プロデューサーの有子山(うじやま)博美さん。

 有子山さん自身、TOEIC860点、英検準1級を取ったあとも、同僚と話せない、海外でミュージカルを見てもさっぱり聞き取れない、という時期が続いたそうだ。克服のカギとなったのが映画とドラマだ。

「アリー・myラブ」にハマり、よく出てくるフレーズをエクセルに書き込み、アリーになりきって会話をまねした。続けるうち、相づちや話の切り出し方がうまくなり、相手の言っていることがわかるようになった。以前は「意味は伝わるけど不自然」という英語だったが、今は「言葉の選び方がネイティブみたいだ」と言われるほど、ネイティブ英語が身についた。

 DVDを入手したら、まず何をすればいいのか。

「まずは1シーンで構いません。お気に入りの場面で、英語字幕を確認しましょう。ボヘミアン・ラプソディなら、私はフレディがメンバーにエイズを告白するシーンでいちばん心が動かされました」(有子山さん)


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい