祭りでは足りない? 地方の商店街が「儲かる」ための方法は

2019/01/10 06:00

 近年、空き店舗が目立つようになった地方の商店街が、活気を取り戻そうと様々な取り組みを行っている。祭りやイベント開催などもその一つだが、それだけでは店舗の経営向上につながらないことも。商店街が「儲かる」ために、街の化粧品店を経営する男性がとった方法とは。

あわせて読みたい

  • 市価の半額以下で買えるものも? 問屋街の魅力とは

    市価の半額以下で買えるものも? 問屋街の魅力とは

    BOOKSTAND

    4/15

    登坂広臣さんが2019年最初の「AERA」に表紙とインタビューで登場!

    登坂広臣さんが2019年最初の「AERA」に表紙とインタビューで登場!

    12/29

  • 新元号決定で特需に沸く「平成」のまち グッズは何でも売れる!

    新元号決定で特需に沸く「平成」のまち グッズは何でも売れる!

    週刊朝日

    4/13

    安すぎるコロッケ、宙に浮かぶ巨大魚…… 京都・出町商店街のナゾを子どもたちが探究
    筆者の顔写真

    山田洋文

    安すぎるコロッケ、宙に浮かぶ巨大魚…… 京都・出町商店街のナゾを子どもたちが探究

    AERA

    5/22

  • 全国“ゆるくない”キャラ図鑑「801ちゃん」 名前で炎上、からの逆転劇

    全国“ゆるくない”キャラ図鑑「801ちゃん」 名前で炎上、からの逆転劇

    週刊朝日

    6/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す