「自己責任と言われても」就職氷河期世代を待ち受ける受難の老後

2019/01/07 07:00

 都内に住む女性会社員(40)は、自身と夫(38)のきょうだいの将来のことを考えると気が重くなる。女性は弟が1人、夫は姉が2人いるが全員独身。義姉たちは就職氷河期に大学を卒業後、非正規雇用を転々としている。正社員の弟はまだしも、義姉たちは退職金も見込めず、年金も国民年金だけで月に5万~6万円ほど。将来、日常的な介護はヘルパーを頼ったとしても、訪問介護や入院の手続きなどの際にはサポートが必要だろう。その頃には自分も高齢の身。

あわせて読みたい

  • アラフォー就職氷河期世代を「自己責任」と言えない“構造的不遇”とは?

    アラフォー就職氷河期世代を「自己責任」と言えない“構造的不遇”とは?

    AERA

    10/1

    昼食はパンの耳、電車に飛び込もうとも… 追い詰められるアラフォー非正社員

    昼食はパンの耳、電車に飛び込もうとも… 追い詰められるアラフォー非正社員

    AERA

    2/20

  • DV被害も「結婚のため我慢」 アラフォー女性の生きづらい現実

    DV被害も「結婚のため我慢」 アラフォー女性の生きづらい現実

    AERA

    10/1

    参院選に絶望 就職氷河期世代49歳男性の転職漂流人生「今さら支援されても遅い」
    筆者の顔写真

    小林美希

    参院選に絶望 就職氷河期世代49歳男性の転職漂流人生「今さら支援されても遅い」

    dot.

    7/18

  • 「定年前に死ぬしかない」「安楽死が法整備されること望む」将来を悲観する非正社員

    「定年前に死ぬしかない」「安楽死が法整備されること望む」将来を悲観する非正社員

    AERA

    2/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す