120万円あったら「毎月1万円×10年」と「一気に全額投資」どちらがいい? (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

120万円あったら「毎月1万円×10年」と「一気に全額投資」どちらがいい?

このエントリーをはてなブックマークに追加
横山光昭(よこやま・みつあき)/マイエフピー代表。家計再生コンサルタント、ファイナンシャルプランナーとして1万5000人以上の家計相談に従事。著書は60万部突破の『はじめての人のための3000円投資生活』など100冊以上。毎月、6人の子供たちと「お金家族会議」を開き、会話している(撮影/写真部・小山幸佑)

横山光昭(よこやま・みつあき)/マイエフピー代表。家計再生コンサルタント、ファイナンシャルプランナーとして1万5000人以上の家計相談に従事。著書は60万部突破の『はじめての人のための3000円投資生活』など100冊以上。毎月、6人の子供たちと「お金家族会議」を開き、会話している(撮影/写真部・小山幸佑)

八木ひとみ(やぎ・ひとみ)/フリーアナウンサー。山口朝日放送を経て現在はBSテレビ東京「日経モーニングプラス」などでキャスターを務める(撮影/写真部・小山幸佑)

八木ひとみ(やぎ・ひとみ)/フリーアナウンサー。山口朝日放送を経て現在はBSテレビ東京「日経モーニングプラス」などでキャスターを務める(撮影/写真部・小山幸佑)

 対して、月1万円ずつ10年間つみたて投資をした場合、金融商品の価格が下がれば、その分たくさん買えるので、運用の途中で暴落があっても資産を大きく増やせます。

 資金を時間的に分散して投資することで、金融商品の価格下落リスクを回避できているんです。

――実際に投資をはじめて、成功された方はいますか?

 当初は貯金が150万円だった方が、3000円でつみたて投資をはじめて、10年間で約2000万円近くまで資産を増やした例があります。

 その方の場合、年間100万~150万円の貯金ができていたので、実際に投資で増やしたのは300万~400万円。皆さん、誤解されているんですが、3000円や5000円はあくまで「それでスタートしよう」という試運転開始時の金額です。

 まずはじめることが大切で、途中からボーナス時に多めに投資するなど、金額を増やさないと、さすがに数百万円から数千万円という資産は築けません。

――5000円つみたては、あくまで投資スイッチを入れるきっかけということですね。

「節約して投資に回すお金を少しでも増やそう」と、家計を見直すスイッチになることがつみたて投資の大きな効果なんです。

『貯蓄から投資へ』なんて正論を言われるよりも、月々の支出を5000円削って投資してみたら、これだけ増えた。そうなると、『あと5000円削って投資に回してみようかな』というやる気が起こるもの。少額つみたて投資は家計を絞る、という面でも一役買っていると思いますよ。

(経済ジャーナリスト・安住拓哉、伊藤雅浩)

※アエラ増刊『AERAwithMoney毎月5000円でつみたて投資!』の記事に加筆・再構成


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい