中学生の大ベストセラー作家、周囲の期待にプレッシャー

読書

2018/12/09 11:30

『14歳、明日の時間割』は中学校を舞台に、時間割に見立てた7編からなる連作短編小説集だ。現役中学生が生き生きと描く、待望の2作目。著者の鈴木るりかさんに、同著に込めた思いを聞いた。

あわせて読みたい

  • 「『ちゃお』を一生分買いたくて」中学生作家、執筆の意外なきっかけ

    「『ちゃお』を一生分買いたくて」中学生作家、執筆の意外なきっかけ

    AERA

    10/14

    デビュー作10万部超の現役高校生作家・鈴木るりか 小説で「中学受験に失敗した子」を描く理由

    デビュー作10万部超の現役高校生作家・鈴木るりか 小説で「中学受験に失敗した子」を描く理由

    dot.

    7/4

  • さよなら、田中さん

    さよなら、田中さん

    週刊朝日

    11/29

    『罪の声』発刊から2年 作者が新たに描く報道の「誤報と真実」

    『罪の声』発刊から2年 作者が新たに描く報道の「誤報と真実」

    AERA

    9/10

  • 世界中で出合った料理から生まれた、約100点の新レシピ

    世界中で出合った料理から生まれた、約100点の新レシピ

    AERA

    10/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す