教師を過労死へと追い詰めた元凶「定額働かせ放題」改正求め3万筆署名提出

教育

2018/12/06 11:20

 教員の長時間労働が問題になるなか、それを助長する制度を変えるため、現場の教員たち3万筆以上の署名が文部科学省と厚生労働省に提出された。教育学者たちからは、「いい教育のために働き方を犠牲にしてきた」ことへの反省が聞かれた。12月3日発売のAERAは特集「親と先生682人の本音 『学校が不自由』9割」で、この問題について詳報している。

あわせて読みたい

  • 「定額働かせ放題」に教員が悲鳴 時短勤務申請で“脅し文句”も

    「定額働かせ放題」に教員が悲鳴 時短勤務申請で“脅し文句”も

    AERA

    12/6

    「授業準備は5分」に「小学校をなめているのか」 公立教員残業代訴訟の「仕分け」に教員ら困惑

    「授業準備は5分」に「小学校をなめているのか」 公立教員残業代訴訟の「仕分け」に教員ら困惑

    AERA

    11/25

  • 教師をもう続けられない…3万人が残業隠しの「変形労働時間制」に悲鳴と怒り

    教師をもう続けられない…3万人が残業隠しの「変形労働時間制」に悲鳴と怒り

    AERA

    10/19

    「先生たちにも働き方改革を」 尾木ママらシンポジウムで訴え

    「先生たちにも働き方改革を」 尾木ママらシンポジウムで訴え

    AERA

    7/26

  • 学校で教師をしばる“不自由” 「犠牲者は生徒」と専門家

    学校で教師をしばる“不自由” 「犠牲者は生徒」と専門家

    AERA

    12/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す