被爆から73年 問われる“被爆体験なし”での継承活動

2018/11/25 08:05

 NBC長崎放送のラジオ番組「長崎は証言する」。半世紀にわたって放送を続けてきた。被爆地メディアの使命感からだ。被爆者が高齢化し減少する中、新たな挑戦も始めている。ノンフィクション作家の高瀬毅氏がレポートする。

あわせて読みたい

  • VRやプロジェクションマッピングで被爆体験を後世へ

    VRやプロジェクションマッピングで被爆体験を後世へ

    AERA

    8/15

    「日本では放送しない」約束で海外メディアに… 被爆者たちはなぜ日本で原爆を語れないのか?

    「日本では放送しない」約束で海外メディアに… 被爆者たちはなぜ日本で原爆を語れないのか?

    AERA

    8/6

  • リニューアルで撤去される平和記念資料館「原爆再現人形」の賛否 被爆者たちの揺れる思いとは?

    リニューアルで撤去される平和記念資料館「原爆再現人形」の賛否 被爆者たちの揺れる思いとは?

    AERA

    8/6

    『はだしのゲン』にみる人の醜さと不条理な衝動 呉智英が語る

    『はだしのゲン』にみる人の醜さと不条理な衝動 呉智英が語る

    週刊朝日

    8/3

  • 「軍服を洗うと水槽から血が…」 広島市の「被服支廠」での生々しい記憶、当時の近隣住民が語る

    「軍服を洗うと水槽から血が…」 広島市の「被服支廠」での生々しい記憶、当時の近隣住民が語る

    AERA

    8/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す