会社が短命の現代 個人が持てる“最強のカード”を専門家が解説

2018/11/16 11:30

 終身雇用制度が崩壊しつつある昨今。一人一人が自身のキャリアについて深く考えなければならない時代がやってきた。『転職の思考法』の著者・北野唯我さんは、こうした時代、「いつでも転職できる人」ということが個人の“最強のカード”になると語る。

あわせて読みたい

  • 「35歳までにリーダーを経験していない」ことが転職の「足枷」になりうる理由

    「35歳までにリーダーを経験していない」ことが転職の「足枷」になりうる理由

    ダイヤモンド・オンライン

    9/10

    「石の上にも3年」と言ってくる人を、全員無視すべき理由

    「石の上にも3年」と言ってくる人を、全員無視すべき理由

    ダイヤモンド・オンライン

    7/17

  • 元社員からの高評価企業はメガバンクよりコンサル 20代からの評価が高い理由

    元社員からの高評価企業はメガバンクよりコンサル 20代からの評価が高い理由

    AERA

    2/28

    「40代で年収が下がる人」と「上がる人」を分けるたったひとつの違い

    「40代で年収が下がる人」と「上がる人」を分けるたったひとつの違い

    ダイヤモンド・オンライン

    6/25

  • 「35歳の壁」「3回超」もリスク…転職で失敗する10パターン

    「35歳の壁」「3回超」もリスク…転職で失敗する10パターン

    週刊朝日

    4/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す