Zeebraが里芋から考える「キャスティング論」とは… 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Zeebraが里芋から考える「キャスティング論」とは…

連載「多彩な野菜」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ZeebraAERA#Zeebra
Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。1997年のソロデビューからシーンを牽引しつづける行動力は他に類を見ない。自身が主宰するヒップホップ専門ラジオ局「WREP」で平日の12~13時、生放送「LUNCHTIME BREAKS」のMCを担当。IQの「月と太陽 feat. Zeebra」が各社配信サイトで配信中(撮影/写真部・小原雄輝)

Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。1997年のソロデビューからシーンを牽引しつづける行動力は他に類を見ない。自身が主宰するヒップホップ専門ラジオ局「WREP」で平日の12~13時、生放送「LUNCHTIME BREAKS」のMCを担当。IQの「月と太陽 feat. Zeebra」が各社配信サイトで配信中(撮影/写真部・小原雄輝)

里芋/日本へは稲作より古く、縄文時代には伝来していたとされる。親芋を中心に、周辺に子芋や孫芋が育つので、豊作や子孫繁栄の象徴にも。栄養面では、芋類の中では低カロリー。カリウムが豊富で体内の余分なナトリウムを排出してくれるため、高血圧予防にも。独特のぬめりは水溶性食物繊維。胃腸の働きを助け、血糖値上昇を抑える働きも(撮影/写真部・松永卓也)

里芋/日本へは稲作より古く、縄文時代には伝来していたとされる。親芋を中心に、周辺に子芋や孫芋が育つので、豊作や子孫繁栄の象徴にも。栄養面では、芋類の中では低カロリー。カリウムが豊富で体内の余分なナトリウムを排出してくれるため、高血圧予防にも。独特のぬめりは水溶性食物繊維。胃腸の働きを助け、血糖値上昇を抑える働きも(撮影/写真部・松永卓也)

 ヒップホップ・アクティビストのZeebraさんが「AERA」で連載する「多彩な野菜」をお届けします。1997年のソロデビューからトップとしてシーンを牽引し続け、ジャンルや世代を超えて多くの支持を得ているZeebraさん。旬の野菜を切り口に、友人や家族との交流、音楽作りなど様々なエピソードを語ります。

【この記事の写真の続きはこちら】

*  *  *
 里芋といえば煮物ですよね。あとは皮付きでゆでた「衣かつぎ」とか。ぬるっとしてねっとりして、うまい。他の芋にはない、独特の食感。唯一無二、孤高の存在感です。孤高と言っても、料理の中ではちゃんとだしを吸っていたり、他の材料とうまくなじんでいたりする。実はけっこう協調性もあるタイプな気がするんだけど、不思議と他の芋の代用としては使われないですよね。カレーにも入らない。ポテトフライにもポテトサラダにもならない。自分のポジションでしっかり仕事してる。

 色々試したけどダメだった、というのではなくて、キャラクターが立ちすぎていて、あまりいろんな人と混ぜるのはどうかな?って、周りのスタッフ側が気を使っちゃう感じなのかもしれません。悪いやつではないんだけど、ちょっと上品で、格が高い感じがして、キャスティングに迷ってしまうというか。でも、ひょっとしたら本人はもっと気軽に付き合ってほしいと思ってるかも。たまにはカレーに入れてみるとか、枠を飛び越えさせてあげるのもいいかもしれません。

AERA 2018年11月19日号


トップにもどる AERA記事一覧

Zeebra

Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。1997年のソロデビューからトップとしてシーンを牽引し続ける行動力は他に類を見ない存在で、ジャンルや世代を超えて多くの支持を得ている。

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい