働き盛りを襲う若年認知症 「認知症でも働ける制度」知る事が重要

ヘルス

2018/11/12 07:00

 認知症になってしまうと、働くことは難しくなるケースが多い。しかし、働くことはケアのひとつだという考えが広がり始めたことなどを背景に、厚生労働省は今年7月、認知症の人の有償ボランティア参加を後押しする通知を出した。働き盛りの年代を襲う若年認知症の人が活用できる制度がある。働き続けることは認知症の人にとって、大きな意味があるようだ。

あわせて読みたい

  • 要介護でも働き続ける 厚労省との交渉で実現した有償ボランティア

    要介護でも働き続ける 厚労省との交渉で実現した有償ボランティア

    AERA

    11/11

    「もの忘れが増えた」若年性認知症? 50代記者が検査を受けた結果

    「もの忘れが増えた」若年性認知症? 50代記者が検査を受けた結果

    週刊朝日

    6/7

  • 会社をやめざるをえず「もう耐えられない」 若年性認知症の母をもつ娘の悲痛

    会社をやめざるをえず「もう耐えられない」 若年性認知症の母をもつ娘の悲痛

    週刊朝日

    9/5

    働き盛りを苦しめる若年性認知症 7割が「収入減った」

    働き盛りを苦しめる若年性認知症 7割が「収入減った」

    週刊朝日

    12/12

  • 中学時代に親が若年性認知症に…介護を手伝う子どもの胸中は?

    中学時代に親が若年性認知症に…介護を手伝う子どもの胸中は?

    AERA

    11/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す