バレエ界の18歳シンデレラ 異例ずくめの世界的バレエ団入団 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

バレエ界の18歳シンデレラ 異例ずくめの世界的バレエ団入団

このエントリーをはてなブックマークに追加
清野由美AERA
永久メイ(ながひさ・めい)/2000年、兵庫県生まれ。中学1年で親元を離れ、モナコ王立プリンセス・グレース・アカデミーに留学し、17年、最優秀卒業生で卒業。18年5月、マリインスキー・バレエの正式団員に(撮影/写真部・片山菜緒子)

永久メイ(ながひさ・めい)/2000年、兵庫県生まれ。中学1年で親元を離れ、モナコ王立プリンセス・グレース・アカデミーに留学し、17年、最優秀卒業生で卒業。18年5月、マリインスキー・バレエの正式団員に(撮影/写真部・片山菜緒子)

「海賊」でオダリスクを踊る永久メイ/マリインスキー・バレエ東京公演は11月28、29日、12月2、3日、5~9日、いずれも東京文化会館で。詳細はジャパン・アーツ(写真/Natasha Razina)

「海賊」でオダリスクを踊る永久メイ/マリインスキー・バレエ東京公演は11月28、29日、12月2、3日、5~9日、いずれも東京文化会館で。詳細はジャパン・アーツ(写真/Natasha Razina)

 母方の祖父が米国人で、永久自身はクオーター。3歳からバレエ教室に通い、「気づいたら踊っていた」という。

「毎日の練習がまったく苦にならない。バレエが好きすぎて、友達とも遊ばず、家ではずっとバレエ音楽を聴いていました」

 持ち味はバレリーナの王道である可憐(かれん)さと、精密で強靱(きょうじん)なテクニック。写真撮影の時は、ミリ単位で自在にポーズを調整し、積み重ねた訓練を感じさせた。

「自分に厳しすぎて、追い詰めるところがあるので、そこを改善することが今の課題です」

 ストイックであることはダンサーに欠かせない資質だが、永久はそれを語る時も、全身から音楽がこぼれ落ちてくるようだ。

 戦後、森下洋子から始まった日本人スターダンサーの系譜は、吉田都(元・英国ロイヤルバレエ団)、中村祥子(元・ベルリン国立バレエ団)、加治屋百合子(元・アメリカン・バレエ・シア

AERA 2018年11月12日号ター)らの活躍を経て、さらに新世代が世界の有名団を席巻する「バレエ4.0」ともいうべき局面に入った。

 永久は、11月から始まる「マリインスキー・バレエ日本公演」で、ガラ公演のソロ、「白鳥の湖」で王子の友人役、「ドン・キホーテ」でキューピッド役に配された。マリインスキーの期待を背負って舞台に立つ。(文中敬称略)(ジャーナリスト・清野由美)

AERA 2018年11月12日号


トップにもどる AERA記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい