要介護でも働き続ける 厚労省との交渉で実現した有償ボランティア

シニア

2018/11/11 07:00

 今年7月、厚生労働省は認知症の人の有償ボランティア参加を後押しする通知を出した。背景には「働く」ことが大切なケアの一つだという社会の意識の変化がある。どんな人が「役に立ちたい」思いをかなえているのだろう。

あわせて読みたい

  • 働き盛りを襲う若年認知症 「認知症でも働ける制度」知る事が重要

    働き盛りを襲う若年認知症 「認知症でも働ける制度」知る事が重要

    AERA

    11/12

    “大手企業を動かす”次世代型デイサービスとは

    “大手企業を動かす”次世代型デイサービスとは

    週刊朝日

    12/17

  • 金融機関の新人研修で「認知症」について学ぶ 共生社会を実現するためのヒントに

    金融機関の新人研修で「認知症」について学ぶ 共生社会を実現するためのヒントに

    AERA

    5/29

    認知症患者に期待高まる「複合型サービス」 要介護度が低くても利用化

    認知症患者に期待高まる「複合型サービス」 要介護度が低くても利用化

    週刊朝日

    8/24

  • 働き盛り世代、親の介護どうする? プロが教える「共倒れ防ぐお金術」

    働き盛り世代、親の介護どうする? プロが教える「共倒れ防ぐお金術」

    AERA

    12/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す