子どもの「心の揺れ」を読み取れ! ウソ・7タイプの傾向と対策

AERAwithKids

2018/09/21 11:30

 実は「思春期」は、小学中学年くらいからそこに向けての助走がはじまっているのです。『AERA with Kids秋号』(朝日新聞出版刊)では、小学生時代の思春期における親の対応を研究しています。今回は、子どものつく「ウソ」がテーマ。塾だ習い事だと忙しいいまどきの小学生。子どもたちのつくウソも複雑化し、ウソをつかなくてはならない場面も多くなっています。子どものウソへの対応を、認知科学者の松井智子先生に聞きました。

あわせて読みたい

  • 子どものウソに潜む「心のSOS」 4タイプでわかる本当の理由

    子どものウソに潜む「心のSOS」 4タイプでわかる本当の理由

    AERA

    6/10

    エイプリルフール! 「ウソ」のいたずらでお花見ピンチ?!

    エイプリルフール! 「ウソ」のいたずらでお花見ピンチ?!

    tenki.jp

    3/31

  • 「社長のプロポーズ断った」!? タイプ別“病的なウソをつく人”の特徴 専門家が対処法を解説

    「社長のプロポーズ断った」!? タイプ別“病的なウソをつく人”の特徴 専門家が対処法を解説

    AERA

    6/11

    銀座のママに聞いた「ウソの作法」 「折れたタバコ」でホントにわかる?

    銀座のママに聞いた「ウソの作法」 「折れたタバコ」でホントにわかる?

    AERA

    6/9

  • 心理学者が森口尚史氏は「常習的ウソつき」と断言

    心理学者が森口尚史氏は「常習的ウソつき」と断言

    週刊朝日

    10/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す