管理栄養士が明かす栄養補給の“隠し玉” 一方で要注意なのは“あの缶詰”

ヘルス

2018/08/26 16:00

 料理家・管理栄養士の小山浩子さんによると、食生活の主軸となるたんぱく質は、“5色”で考えてバランスよくとることが重要だという。肉の「赤」、魚の「青」、卵の「黄」、納豆など豆類の「茶」、乳製品の「白」といった具合だ。そしてそれにプラスして考えたいのが、野菜の摂取の仕方。これにも“5色”の分類が役立つという。

あわせて読みたい

  • 食事の栄養は“5色”で考えるべし 管理栄養士が指摘する「最優先で摂取するもの」とは

    食事の栄養は“5色”で考えるべし 管理栄養士が指摘する「最優先で摂取するもの」とは

    AERA

    8/25

    管理栄養士がこっそり食べている健康食材ランキング!5位は卵、1位は?

    管理栄養士がこっそり食べている健康食材ランキング!5位は卵、1位は?

    ダイヤモンド・オンライン

    4/7

  • “さびない”“老けない”最強の食べ合わせは「アボカド&赤ピーマン」

    “さびない”“老けない”最強の食べ合わせは「アボカド&赤ピーマン」

    週刊朝日

    9/7

    うつ・認知症を防ぎ、“たばこ病”から身を守る「不老メシ」とは?

    うつ・認知症を防ぎ、“たばこ病”から身を守る「不老メシ」とは?

    週刊朝日

    1/30

  • 「食欲の秋」だからこそ、おいしくて体にもいい食材を食べて、秋の冷気に負けない体づくりを

    「食欲の秋」だからこそ、おいしくて体にもいい食材を食べて、秋の冷気に負けない体づくりを

    tenki.jp

    10/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す