「小腸に穴が開いて…」ひん死の重傷から帰還 総合格闘家・富松恵美が心境明かす (2/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「小腸に穴が開いて…」ひん死の重傷から帰還 総合格闘家・富松恵美が心境明かす

このエントリーをはてなブックマークに追加
高崎計三AERA

富松恵美さん(36)/1982年、神奈川県川崎市出身。パラエストラ松戸所属。元DEEP JEWELSストロー級暫定王者。戦績は27戦14勝13敗。プロギタリストである妹、Rie a.k.a. Suzakuの生ギター演奏で入場する富松さん。王座獲得を目指して戦っている(撮影/杉博文)

富松恵美さん(36)/1982年、神奈川県川崎市出身。パラエストラ松戸所属。元DEEP JEWELSストロー級暫定王者。戦績は27戦14勝13敗。プロギタリストである妹、Rie a.k.a. Suzakuの生ギター演奏で入場する富松さん。王座獲得を目指して戦っている(撮影/杉博文)

石岡沙織さん(30)/1987年、広島県廿日市市出身。空手道禅道会所属。2007年3月にプロデビューし、現在まで26戦15勝11敗という戦績を残す。去る7月29日には「RIZIN」さいたまスーパーアリーナ大会で山本美憂と対戦。念願の大舞台への再出撃に燃えた(撮影/杉博文)

石岡沙織さん(30)/1987年、広島県廿日市市出身。空手道禅道会所属。2007年3月にプロデビューし、現在まで26戦15勝11敗という戦績を残す。去る7月29日には「RIZIN」さいたまスーパーアリーナ大会で山本美憂と対戦。念願の大舞台への再出撃に燃えた(撮影/杉博文)

「蹴られた時は、腹が痛いけど続けられないほどじゃないと思ったんです。その時点で残り時間が1分ほどだったから、ここはやり過ごして次のラウンドで頑張ろうと。それでインターバルにコーナーに戻ったら、普通の痛みじゃなくて」

 セコンドを務めていたジムの会長にその旨を告げると、会長がタオルを投入し、試合を棄権。医務室に直行したが、リングドクターからは「打撃で受けた痛みでしょう。休めば大丈夫」と言われ、少し休んだ後に帰り支度をしようとしたら、嘔吐に見舞われた。

 一緒にいた母親が血相を変えて救急車を呼び、搬送された病院でエコー検査の結果、腹の中で出血していることが判明。30分後に緊急手術となった。

「腹膜炎と腸管損傷ですね。小腸に穴が開いてて、お医者さんから『あのまま帰ってたら死んでた』と言われました(笑)」

 3週間の入院を余儀なくされ、当然母親からは「もう格闘技はやめて」と懇願されたが、本人のリングへの意志は全く変わらなかったという。

「退院したらすぐ復帰しようと思ってました。同期の選手が活躍しているのを見て焦りも感じて、練習もこっそり再開して。復帰を決めた時、母は反対しましたが、音楽の夢を諦めた経験のある父が、『子どもたちにはやりたいことをやらせてやろう』と説得してくれました」

 3年7カ月を経てMMAのリングに戻った富松さんは、「怖いという気持ちは全くなかった」と話す。

「逆にあれがリスタートでしたね。あれで死ななかったんだから……という気持ちも、どこかにある気がします。今はもう、語り継ぐネタとしか思ってないです(笑)」

 今は「DEEP JEWELS」の王座を最終目標に、現役生活のラストスパートを期して戦っている富松さん。彼女の腹筋のあたりには、今もあの時の手術の傷痕が残っている。
出産を経て戦い続ける

 女性にとって、ただでさえ大きなイベントである妊娠・出産。プロアスリート、それも直接肉体を傷つけ合う格闘家となれば、なおさら大仕事だ。

 07年に19歳でデビューした当初から、そのルックスで男性ファンの人気を集めた石岡沙織さんは、「ここで!?」というタイミングでその大仕事と直面することになった。


トップにもどる AERA記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい