怖がりすぎ? 「セクハラ認定が怖くて職場恋愛できない」男たち

川口穣AERA#働き方#恋愛#男と女

日々、セクハラをめぐるニュースが報じられる。本... (07:00)AERA

日々、セクハラをめぐるニュースが報じられる。本... (07:00)AERA
「セクハラと恋愛の境目がわからない」。最近、男性から多く漏れてくる声がある。本来、両者は全くの別モノのはずだが、そのココロを聞いてみると……。

【アンケート結果】セクハラが根絶されると恋愛がしにくくなる?みんなの本音は…

*  *  *
「本当はもう一度誘ってみたい。でも、セクハラと言われるのが怖くて躊躇しています」

 大手家電メーカーに勤めるサトシさん(45)は、そうため息をついた。同僚の30代の女性社員に恋心を抱いているという。普段の仕事でも職場全体を見渡す気遣いや目配りに好感を持っていたが、飲み会の席で見せる気さくな話しぶり、笑顔に惹かれた。気遣いや笑顔が自分だけに向けられるものだとは思っていない。けれど、少しでも親しくなりたいと先月食事に誘ってみたという。返事は「その日は都合が悪くて……」。また誘ってくださいという言葉も添えられた。断られたとはいえ、決して拒絶するような響きはなかったとサトシさんは思っている。これまでならば、少し日を置いてから、躊躇なく2度目のアプローチをしたはずだ。

 やせ形で短髪、ほどよく日焼けしたサトシさんは、見た目で嫌悪感を抱かれるようなタイプではない。ここ2~3年彼女はいないが、30代のころはそこそこモテたという。何度か断られながらも半ば強引に食事に誘い、そのまま恋仲になった相手もいた。けれどここ数年、特に職場では、誘うのを躊躇してしまう。

「最近はなんでもセクハラという風潮。別の部署ですが、『彼氏いるの?』と聞いた男性社員がセクハラで訴えられたこともありました」

 AERAネットのアンケートでも、セクハラへの意識が恋愛の妨げになっているという男性からの声が多く寄せられた。

「セクハラを意識して恋愛に発展するきっかけがなくなる」(30代)
「セクハラ認定が怖くて、職場恋愛などとてもできない」(50代)

セクハラと恋愛は全く別次元のはずだ。だが、いまは職場恋愛すらできないのか。労働ジャーナリストで、「職場のハラスメント研究所」代表理事の金子雅臣さんは「セクハラの概念を理解せず、過剰に恐れている人が多い」と指摘する。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック