優良事業者ほど経営危機に陥る矛盾 報酬改定で「放課後デイ」が苦境

教育

2018/07/09 07:00

 障害のある子が過ごす「放課後デイ」。今年4月に報酬改定がおこなわれ、大幅減収の事業者が続出。保護者からも不安の声が上がっている。

あわせて読みたい

  • 報酬改定で揺れる「放課後デイサービス」 実態無視で憤りの声も

    報酬改定で揺れる「放課後デイサービス」 実態無視で憤りの声も

    AERA

    7/9

    代ゼミが脱受験生? 「発達障害児向け教育」に参入した背景

    代ゼミが脱受験生? 「発達障害児向け教育」に参入した背景

    AERA

    5/7

  • 発達障害の療育に「本当に意味があるの?」の葛藤 家庭療育「ペアトレ」の可能性とは

    発達障害の療育に「本当に意味があるの?」の葛藤 家庭療育「ペアトレ」の可能性とは

    AERA

    5/21

    月給18万円、40歳女性学童指導員の嘆き「スタッフ足りないのに…」 規制緩和は現場無視
    筆者の顔写真

    小林美希

    月給18万円、40歳女性学童指導員の嘆き「スタッフ足りないのに…」 規制緩和は現場無視

    dot.

    1/7

  • 障害児の医療ケアを背負うのは9割が母親 保育園に通いたくても門前払い

    障害児の医療ケアを背負うのは9割が母親 保育園に通いたくても門前払い

    AERA

    10/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す