元本防衛で人気「損失限定型ファンド」に潜む意外なデメリット

お金

2018/07/06 07:00

 最近の売れ筋は損失限定型ファンド。外資系のアムンディ・アセットマネジメントが運用するSMBC・アムンディ プロテクト&スイッチファンド(あんしんスイッチ)である。昨年7月に運用が始まり、純資産は2336億円(6月25日現在)と、わずか1年足らずで急速に資金を集めた。今年4月からは三井住友銀行とSMBC日興証券に加え、野村証券でも販売している。

あわせて読みたい

  • 金価格急騰中!100円から買える金の投資信託ベスト6

    金価格急騰中!100円から買える金の投資信託ベスト6

    AERA

    7/24

    「最も買ってはいけない」と専門家が語る“テーマ株投信” その3つの理由

    「最も買ってはいけない」と専門家が語る“テーマ株投信” その3つの理由

    AERA

    7/7

  • 「買っていい投信」最新ランキングを発表 4つの“NG投信”も金融のプロが指摘

    「買っていい投信」最新ランキングを発表 4つの“NG投信”も金融のプロが指摘

    AERA

    5/19

    投資信託「グロソブ」が最盛期の10分の1に 解約ラッシュの背景

    投資信託「グロソブ」が最盛期の10分の1に 解約ラッシュの背景

    AERA

    7/4

  • ブロガーが選んだ「本当にいい投信トップ10」

    ブロガーが選んだ「本当にいい投信トップ10」

    週刊朝日

    4/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す