経済的貧困ではない「関係の貧困」が子どもの読解力に影響

教育

2018/04/16 07:00

 国立情報学研究所の新井紀子教授の著書、『AI vs.教科書が読めない子どもたち』の中では、「就学補助率が高い学校ほど読解能力値の平均が低い」という気になる調査結果も指摘されている。言い換えれば貧困が読解力にマイナスの影響を与えているかもしれないということだが、貧困家庭の子どもたちの学習支援の現場では何が見えているのか。

あわせて読みたい

  • 広がる「子どもの貧困」 ひとり親世帯では2人に1人

    広がる「子どもの貧困」 ひとり親世帯では2人に1人

    週刊朝日

    2/27

    講師は全員「手弁当」 “教育版”子ども食堂が教育格差を救う

    講師は全員「手弁当」 “教育版”子ども食堂が教育格差を救う

    AERA

    9/20

  • なぜ豊かな日本で「子どもの貧困」問題が起こるのか?

    なぜ豊かな日本で「子どもの貧困」問題が起こるのか?

    BOOKSTAND

    1/14

    目安は子ども40歳 親の「下流老人」化を防ぐには

    目安は子ども40歳 親の「下流老人」化を防ぐには

    週刊朝日

    6/26

  • 「大学生ってホントにいるんだ」 貧困拡大で開く教育格差

    「大学生ってホントにいるんだ」 貧困拡大で開く教育格差

    週刊朝日

    2/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す