竹増貞信「『価値』になるまで磨きましょう!」<コンビニ百里の道をゆく> 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

竹増貞信「『価値』になるまで磨きましょう!」<コンビニ百里の道をゆく>

連載「コンビニ百里の道をゆく」

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#竹増貞信
竹増貞信(たけます・さだのぶ)/1969年、大阪府生まれ。大阪大学経済学部卒業後、三菱商事に入社。2014年にローソン副社長に就任。16年6月から代表取締役社長

竹増貞信(たけます・さだのぶ)/1969年、大阪府生まれ。大阪大学経済学部卒業後、三菱商事に入社。2014年にローソン副社長に就任。16年6月から代表取締役社長

『価値』になるまで磨きましょう!(※写真はイメージ)

『価値』になるまで磨きましょう!(※写真はイメージ)

「コンビニ百里の道をゆく」は、47歳のローソン社長、竹増貞信さんの連載です。経営者のあり方やコンビニの今後について模索する日々をつづります。

*  *  *
 いよいよ4月。新年度が始まりました。会社には新入社員の皆さんが入ってきますね。ローソンも、189人の新たな仲間を迎えました。

 私が新入社員の皆さんに伝えたいのは、まず仕事を通して一人一人に必ずある「自分のよいところ」を見つけてほしいということです。

 皆さんはこれまで、勉強やスポーツ、アルバイトなどを通して、ぼんやりとでも「自分のよいところ」に気づいていませんか? これから仕事をしていくなかで、同僚や上司と議論をしたり、自問自答したりして、それを磨き続けてください。ピカピカになるまで磨き続けることで、「自分のよいところ」が「自分の価値」になっていきます。

 そのためには、最初の職場でまずは、目先の仕事に没頭したほうがいい。腰掛けや転職前提で半身で取り組むのではなく、1日8時間、どっぷり入り込んでみましょう。

 職場は毎日が真剣勝負。内側に入り込んで、没頭しないと見えないものがあります。数年間ガムシャラにやったうえで、没頭できない自分に気づいたり、自分の価値と会社の方向性が違うと感じたりしたときは、職場を変えることも検討すればいいと思います。

 人生100年時代などと言われ、働く期間も昔より長くなっていますが、「学び直し」や「キャリアシフト」を焦る必要はありません。今後は死語になるかもしれませんが、今年の新入社員が「定年」を迎えるであろう50年後、働き方も含めて、日本人のライフスタイルがどう変わっているのか、誰にもわからない。長い人生をまっとうするには、時にはギアを落としてスローダウンする期間を作ることも大切だと思います。

 旅行でもいい、留学でもいい。キャリアに役立つかどうかにはこだわらず、自分がリフレッシュできる方法を見つけて、息抜きもしながら仕事を楽しんでください。

 若い時に奇策を打つ必要はありません。仕事と真正面から向き合って、自分の価値を磨き続けてください。

AERA 2018年4月9日号


トップにもどる AERA記事一覧

竹増貞信

竹増貞信(たけます・さだのぶ)/1969年、大阪府生まれ。大阪大学経済学部卒業後、三菱商事に入社。2014年にローソン副社長に就任。16年6月から代表取締役社長

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい