被災地の霊は「今」に存在する 社会学者×英ジャーナリスト対談

2018/03/11 07:00

 東日本大震災からまもなく7年。いま、2冊の新刊ノンフィクションが注目されている。『津波の霊たち』(リチャード・ロイド パリー著)と『私の夢まで、会いに来てくれた』(金菱清編)。それぞれの著者の二人が、被災地での「死と生の物語」を語り合った。

あわせて読みたい

  • 東日本大震災で亡くした息子、妹が夢に…「亡き人との夢」の意味について

    東日本大震災で亡くした息子、妹が夢に…「亡き人との夢」の意味について

    dot.

    3/26

    あの日から5年 タクシードライバーが遭遇した「震災幽霊」が伝える被災地のリアル

    あの日から5年 タクシードライバーが遭遇した「震災幽霊」が伝える被災地のリアル

    BOOKSTAND

    3/11

  • 東日本大震災被災者たちが「亡き人の夢」を生きる力に…学生たちと掘り出した27の物語

    東日本大震災被災者たちが「亡き人の夢」を生きる力に…学生たちと掘り出した27の物語

    dot.

    3/6

    混迷続く石巻・大川小の事故検証 遺族も苛立ち隠せず

    混迷続く石巻・大川小の事故検証 遺族も苛立ち隠せず

    週刊朝日

    3/11

  • 福島県沖の津波から学ぶ、私たちができること

    福島県沖の津波から学ぶ、私たちができること

    tenki.jp

    11/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す