田原総一朗、佐高信が明かす西部邁エピソード 東大辞職引き止めた教授への奥さんの見事な一言 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗、佐高信が明かす西部邁エピソード 東大辞職引き止めた教授への奥さんの見事な一言

小柳暁子AERA#お悔やみ#田原総一朗
ジャーナリスト 田原総一朗(たはら・そういちろう、右):1934年生まれ。主にテレビ朝日系「朝まで生テレビ!」の討論司会として西部氏とかかわった/評論家 佐高信(さたか・まこと、左):1945年生まれ。2009年から12年まで朝日ニュースターで放送された「西部邁・佐高信の学問のすゝめ」で西部氏と対談(撮影/品田裕美)

ジャーナリスト 田原総一朗(たはら・そういちろう、右):1934年生まれ。主にテレビ朝日系「朝まで生テレビ!」の討論司会として西部氏とかかわった/評論家 佐高信(さたか・まこと、左):1945年生まれ。2009年から12年まで朝日ニュースターで放送された「西部邁・佐高信の学問のすゝめ」で西部氏と対談(撮影/品田裕美)

田原:絶対セクハラをしなかったですね。女性にとって不愉快なことは言わない。

佐高:保守にしては珍しい、自民党のあぶらぎったオヤジは嫌いなんですよ。だからか、福島瑞穂さんや辛淑玉(シンスゴ)さんといった名うての女性たちが、意外に西部さんには好感をもっていました。それと、若い人に対して面倒見がよかった。本気でやる人には寛容でしたね。

 西部さんと半分自嘲的に笑ったんですが、東北に「舌屋(べろや)」という言葉がある。舌で商売をしている、農民からみると信用できない人という意味です。言論で勝負するというけれど、言論にそんな力はない。そこの無力感をかみしめてやるしかないというのはありましたね。

 天の邪鬼(じゃく)で顰蹙(ひんしゅく)を買うのが好き。同調圧力的に、「空気を読め」ということがあれば、その空気を自ら破る。破りながらの徒労感は、降り積もるように西部さんの中にあったのでしょう。

佐高:西部さんには北海道時代の同級生でヤクザの友だちがいて、そのルートを使ってピストルを手に入れようとしていました。「いいところまでいったのにダメだった」と、2回聞かされました。そういう意味では、わがままだけれども自分の自由のきかない人生は送りたくないと思っていらしたのかもしれません。

田原:自分でけりをつけたかったのでしょう。西部さんが亡くなって日本の強烈な個性がなくなった。非常に残念です。

(文中一部敬称略、構成/編集部・小柳暁子)

AERA 2018年2月26日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい