竹内智香「『広島』という土地に受け入れられたことへの感謝」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

竹内智香「『広島』という土地に受け入れられたことへの感謝」

連載「黄金色へのシュプール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#竹内智香

竹内智香(たけうち・ともか)/1983年12月生まれ。スノーボードアルペン種目選手。ソルトレーク、トリノ、バンクーバーと冬季五輪に続けて出場し、2012年12月にはワールドカップで初優勝。ソチ五輪では日本人女性スノーボード選手で初のメダルとなる銀メダルを獲得。5度目の五輪となる平昌では自身の集大成として金メダルを目指す

竹内智香(たけうち・ともか)/1983年12月生まれ。スノーボードアルペン種目選手。ソルトレーク、トリノ、バンクーバーと冬季五輪に続けて出場し、2012年12月にはワールドカップで初優勝。ソチ五輪では日本人女性スノーボード選手で初のメダルとなる銀メダルを獲得。5度目の五輪となる平昌では自身の集大成として金メダルを目指す

広島県の湯崎英彦知事(左)と広島ガスの松藤研介社長とともに(写真:本人提供)

広島県の湯崎英彦知事(左)と広島ガスの松藤研介社長とともに(写真:本人提供)

 ソチ冬季五輪で銀メダルを獲得したスノーボード女子アルペン・竹内智香選手が「AERA」で連載する「黄金色へのシュプール」をお届けします。長野五輪を観て感動し、本格的に競技をスタート。2018年2月の平昌五輪では念願の金メダル獲得を目指す竹内選手の今の様子や思いをお伝えします。

【竹内選手のトークショーの写真はこちら】

*  *  *
 昨年12月22日、全日本スキー連盟から平昌五輪のスノーボード女子パラレル大回転の日本代表に選出されました。当日は東京の岸記念体育会館で行われた記者会見にも出席し、あらためて大会が近づいてきている空気、そして多くの方々から期待を寄せていただいていることを実感しました。すでに公式戦のシーズンは開幕しており、ヨーロッパで行われた序盤戦は思うような結果は出ませんでしたが、あくまで今季の本番は五輪です。引き続き、良い調整と良い準備をするべくポジティブに日々を過ごしています。

 期待の視線や注目を感じると、あらためて普段から私は周囲に支えられているなと思います。特にあらゆる面で私の活動をサポートしてくださっているスポンサーの方々に対する感謝の念を、しみじみ感じたものです。私は現在、広島ガス所属です。生まれも育ちも北海道の私が、なぜ広島の企業で?と思われる方も多いでしょう。元々は母のいとこが広島にいたことがきっかけですが、今では私にとって広島は、北海道と同じぐらい愛着を抱く土地になりました。

 野球の広島東洋カープやサッカーのサンフレッチェ広島など、地域に密着したスポーツ文化がある土地。もちろん地元で活動しているチームや選手たちに対しては、人々も愛しやすいでしょう。私もそんな土地に受け入れられていることに感謝しています。広島ガスは当然地元が事業エリア。そんな企業が広島出身ではない私のような選手をサポートすることは、すごく勇気のいることだと思います。また、広島県の観光大使にも任命していただいていて、企業や県からの信頼は、今の私には何ものにも代えられない大きな支えになっています。

 私が2016年に膝の大けがを負った際も、契約を継続していただきました。決して順風満帆ではない私の選手人生ですが、諦めないチャレンジ精神やメジャースポーツとは違う世界で奮闘するところに共感してもらえているようです。私がソチ五輪でメダリストになる以前からのパートナー。日の目を見ない時代から一緒に戦ってくれた存在でもあるのです。

 金銭的なサポートだけではない、こうした温かいつながりが私の周りにはたくさんあります。今では、広島県民に間違えられることもあるほど。でもそれぐらい一緒になって戦えていることがうれしいのです。

(構成/西川結城)

AERA 2018年1月15日号


トップにもどる AERA記事一覧

竹内智香

竹内智香(たけうち・ともか)/1983年12月生まれ。スノーボードアルペン種目選手。ソルトレーク、トリノ、バンクーバーと冬季五輪に続けて出場し、2012年12月にはワールドカップで初優勝。ソチ五輪では日本人女性スノーボード選手で初のメダルとなる銀メダルを獲得。5度目の五輪となる平昌では5位入賞を果たした。

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい