安野光雅「小金井刑務所」からの年賀状で騒動に

2018/01/01 11:30

 画家、絵本作家の安野光雅さんが手掛けた『鶴亀高校 つるかめざんの歌 校歌より』(岩崎書店)。もしも動物たちの学校があって、校歌を歌ったら……。安野さんが想像をふくらませて作った空想の校歌の詞に、絵を描き下ろした一冊だ。著者である安野さんがAERAのインタビューに答えた。

あわせて読みたい

  • 追悼・安野光雅さん 皇居スケッチで美智子さまと談笑、時には電話も

    追悼・安野光雅さん 皇居スケッチで美智子さまと談笑、時には電話も

    週刊朝日

    1/20

    わが友の旅立ちの日に

    わが友の旅立ちの日に

    11/7

  • 「安野光雅」美術館が京丹後にもオープン! 130点超える原画初公開へ

    「安野光雅」美術館が京丹後にもオープン! 130点超える原画初公開へ

    週刊朝日

    6/22

    司馬遼太郎と安野光雅はファン同士 でも「街道をゆく」は合わなかった?

    司馬遼太郎と安野光雅はファン同士 でも「街道をゆく」は合わなかった?

    週刊朝日

    2/13

  • いずれの日にか国に帰らん

    いずれの日にか国に帰らん

    週刊朝日

    6/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す