浅田次郎の長編ファンタジー 物語を支える「舞台装置」とは

2017/12/10 16:00

 浅田次郎さんが上梓した長編ファンタジー小説「おもかげ」は、ある男性の不思議な体験を描いた作品だ。作品では“あるもの”が舞台装置として物語を支えている。

あわせて読みたい

  • 5年ぶりの現代小説も“浅田次郎節”健在 疑似ふるさとを舞台に描く現代人の孤独と願望

    5年ぶりの現代小説も“浅田次郎節”健在 疑似ふるさとを舞台に描く現代人の孤独と願望

    AERA

    2/17

    経営難の京都市営地下鉄 女子高生キャラで改善なるか?

    経営難の京都市営地下鉄 女子高生キャラで改善なるか?

    dot.

    10/10

  • 今日は地下鉄記念日。いつも利用する地下鉄のこと、どれくらい知っていますか?

    今日は地下鉄記念日。いつも利用する地下鉄のこと、どれくらい知っていますか?

    tenki.jp

    12/30

    山手線1周以上? 在来線で駅間距離がもっとも長い区間とは

    山手線1周以上? 在来線で駅間距離がもっとも長い区間とは

    BOOKSTAND

    7/11

  • 東京に「営団」「都営」の2大地下鉄が共存する、意外な歴史

    東京に「営団」「都営」の2大地下鉄が共存する、意外な歴史

    ダイヤモンド・オンライン

    9/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す