「生かし続けるのはかわいそう」終末期医療で進む「自然な看取り」の実情

2017/11/14 07:00

 高齢化に伴う「多死社会」を迎え、終末期医療に関する議論が活発化している。自らの意思を明らかにしたい。自然に逝きたい。体制整備が始まっている。

あわせて読みたい

  • 人は「死ぬのだから食べない」 “死に方”を話し合う施設が増加中

    人は「死ぬのだから食べない」 “死に方”を話し合う施設が増加中

    週刊朝日

    9/11

    看取りの現場で介護士と看護師がわかりあった瞬間

    看取りの現場で介護士と看護師がわかりあった瞬間

    週刊朝日

    11/23

  • 最期は「自然の麻酔」がかかる…医師が説く「意味のない治療」とは

    最期は「自然の麻酔」がかかる…医師が説く「意味のない治療」とは

    週刊朝日

    3/5

    国も動いた 「胃ろう大国」日本からの脱却

    国も動いた 「胃ろう大国」日本からの脱却

    週刊朝日

    4/14

  • 延命治療はどうする? 苦しまず、周囲も困らない上手な逝き方

    延命治療はどうする? 苦しまず、周囲も困らない上手な逝き方

    週刊朝日

    9/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す