距離感、表情、アイコンタクト、「VRコミュニケーション」最前線を体験

2017/10/27 11:30

 アーサー・C・クラークが未来の都市生活を描くSF小説『都市と星』では、人とのコミュニケーションはアバターとのやりとりが主流だ。こうしたSFで描かれてきた、「現実を超える」バーチャルなコミュニケーションが実現しつつある。

あわせて読みたい

  • もうSFじゃない! VR会議は実現する

    もうSFじゃない! VR会議は実現する

    AERA

    10/26

    VTuber 輝夜月、史上初のVRライブ大成功&ライブビューイング会場は5000人動員

    VTuber 輝夜月、史上初のVRライブ大成功&ライブビューイング会場は5000人動員

    Billboard JAPAN

    9/5

  • 日本発3Dアバター向けファイル形式「VRM」バージョン 1.0が正式リリース!9/23、VRMワークショップを配信

    日本発3Dアバター向けファイル形式「VRM」バージョン 1.0が正式リリース!9/23、VRMワークショップを配信

    PR TIMES

    9/22

    「相手がそこにいる感覚」3Dアバター会議でリアル超え? 目線や手の動き反映、発言の翻訳機能も

    「相手がそこにいる感覚」3Dアバター会議でリアル超え? 目線や手の動き反映、発言の翻訳機能も

    AERA

    11/6

  • アバターで実家に訪問? 近未来の親とのコミュニケーションはこう変わる!

    アバターで実家に訪問? 近未来の親とのコミュニケーションはこう変わる!

    AERA

    12/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す