故・井上ひさしさんの娘・麻矢さんが今も守る約束 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

故・井上ひさしさんの娘・麻矢さんが今も守る約束

このエントリーをはてなブックマークに追加
浅野裕見子AERA
劇団こまつ座 社長 井上麻矢(いのうえ・まや)さん(50)/1967年生まれ。7月5日(水)から東京・紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAで「イヌの仇討」が上演(写真部・大野洋介)

劇団こまつ座 社長 井上麻矢(いのうえ・まや)さん(50)/1967年生まれ。7月5日(水)から東京・紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAで「イヌの仇討」が上演(写真部・大野洋介)

「おそらく雑誌の取材で撮った写真です。母に言われて仕方なく笑ってる」。後ろが麻矢さん。左から母・好子さん、長女・都さん、次女・綾さんとひさしさん(写真:本人提供)

「おそらく雑誌の取材で撮った写真です。母に言われて仕方なく笑ってる」。後ろが麻矢さん。左から母・好子さん、長女・都さん、次女・綾さんとひさしさん(写真:本人提供)

「最後のほんの数日、父の看護をする機会に恵まれたんです。おむつを替えて、喉を湿らすためにスポンジでお水をあげて。赤子のように身をゆだねている父の姿に、それまでのわだかまりも、すべて消え去りましたね」

 入社約半年で社長になり、井上ひさしという偉大な存在を、劇団まるごと引き継ぐことになった麻矢さん。単に親の死を受け入れ、乗り越える以上の重圧があったのではないか。

「井上ひさしは、みんなのものなんです。私が父の死を背負うだなんて、おこがましい。父は作品の中に生きています。それが時代を経て、舞台を作る人、演じる人、見てくださる方、みんなで分担して背負っていただいてる。そんな感覚です」

 2年ほど前、父の残した構想をもとに「母と暮せば」という映画を制作した。山田洋次監督は「人は誰でも大切な人を亡くして、その悲しみと向き合い、受け入れ、立ち直っていく。そのプロセスを『喪の仕事』と呼ぶのだ」と教えてくれたという。親の死を目の当たりにしたり遺品を手にしたりするなど、死を実感できた人ほど、「喪の仕事がはかどる」のだという。

「まずは10年、やってみなさい」

 これが父、ひさしさんとの約束だった。

「父が死んで7年、劇団を受け継いで8年。あと2、3年はがんばらないと。誰かに引き継ぐにしても、少しでも良い状態でって思ってますから(笑)」

(ライター・浅野裕見子)

AERA 2017年7月10日号


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい