姜尚中「日本だけ北と『開戦前夜』 解決策は外交的手段のみ」

eyes 姜尚中

北朝鮮

2017/05/16 11:30

 さかのぼれば、1994年、クリントン米大統領は寧辺(ヨンビョン)の核施設を爆撃するという計画を秘密裏に策定し、中止になった経緯があります。今回、米国はカールビンソンなどを動員して派手で芝居がかったブラフを演出し、北朝鮮に心理的圧力をかけました。しかし、94年から比べると北朝鮮の攻撃力は比べ物にならないくらいアップしており、中国の国力も増しています。そう考えると、トランプ政権ができることは外交的手段による解決しかないはずです。

 一方、このことで米国のトランプ政権の国内問題や日本の森友問題、共謀罪なども随分とフェードアウトしました。中国は米国との共同歩調のようなものが出来上がり、北朝鮮は金正恩が国際メディアで自分を売り出す絶好の機会になりました。北朝鮮も米国も中国も日本もみんな丸く収まっているのです。

 もちろん北朝鮮がやすやすと核開発を放棄するとは思えませんから、依然として危機は払拭されていませんが、やはり日本であった「開戦前夜」のような報道は異様でした。ある意味、今回のことで日本の識者やメディアが、どのような反応を見せるのか、シミュレートされたと思います。戦前、ジャーナリストの桐生悠々は「関東防空大演習を嗤う」と書いています。こんな時こそ、不謹慎といわれるかもしれませんが、「嗤う」気持ちを持たないといけないのかもしれません。

AERA 2017年5月22日号

姜尚中

姜尚中

姜尚中(カン・サンジュン)/1950年熊本市生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了後、東京大学大学院情報学環・学際情報学府教授などを経て、現在東京大学名誉教授・熊本県立劇場館長兼理事長。専攻は政治学、政治思想史。テレビ・新聞・雑誌などで幅広く活躍

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2

あわせて読みたい

  • 北朝鮮、「新型ミサイル」の写真公開 実験視察する金正恩氏写す

    北朝鮮、「新型ミサイル」の写真公開 実験視察する金正恩氏写す

    1/1

    大規模サイバー攻撃、北朝鮮が関与か 過去の工作と類似性

    大規模サイバー攻撃、北朝鮮が関与か 過去の工作と類似性

    1/1

  • 古賀茂明「北朝鮮ミサイルで東京メトロが止まって都営地下鉄が動いた理由は忖度?」
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    古賀茂明「北朝鮮ミサイルで東京メトロが止まって都営地下鉄が動いた理由は忖度?」

    dot.

    5/8

    吊るされ火あぶり、母は目の前で処刑… 壮絶な収容所体験

    吊るされ火あぶり、母は目の前で処刑… 壮絶な収容所体験

    AERA

    3/19

  • 姜尚中「トランプ大統領のパフォーマンスが非核化を後押しするかもしれない」
    筆者の顔写真

    姜尚中

    姜尚中「トランプ大統領のパフォーマンスが非核化を後押しするかもしれない」

    AERA

    7/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す