『失敗の本質』共著者が指摘 「東芝はノモンハン事件そっくり」

企業

2017/04/16 07:00

 沈まぬはずの“電機の巨艦”が1兆円超の巨額損失の渦に飲み込まれようとしている。原因は原発事業の失敗だ。成長期や昭和のニッポンを力強く牽引し、明日は今日より豊かな生活をもたらした名門企業で、一体何が起こったのか。そのとき社員や関係者は何を見て、どう感じたのか。そして何が元凶だったのか。AERA 2017年4月17日号では「苦境の東芝」を大特集。関係者証言やジャーナリストの分析で全貌に迫った。

あわせて読みたい

  • 菅政権と日本軍に共通する「失敗の本質」 戦後も受け継がれる組織的欠陥

    菅政権と日本軍に共通する「失敗の本質」 戦後も受け継がれる組織的欠陥

    AERA

    7/3

    なぜ日本人は「空気」に左右されるのか? 旧日本軍から豊洲問題まで、組織を陰で支配するもの

    なぜ日本人は「空気」に左右されるのか? 旧日本軍から豊洲問題まで、組織を陰で支配するもの

    ダイヤモンド・オンライン

    11/14

  • 「技術と人材を守るべき」 専門家に聞いた東芝“再建”の可能性

    「技術と人材を守るべき」 専門家に聞いた東芝“再建”の可能性

    AERA

    4/13

    なぜ東芝の不正会計見抜けなかった… 「見下された」新日本監査法人

    なぜ東芝の不正会計見抜けなかった… 「見下された」新日本監査法人

    AERA

    4/16

  • もう「廃炉」しかない… 東芝を窮地に陥れた事業が東芝の未来を握る現実

    もう「廃炉」しかない… 東芝を窮地に陥れた事業が東芝の未来を握る現実

    AERA

    4/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す