プロの選択 防災の専門家が住む家に学ぶ

地震

2017/03/09 11:30

 東日本大震災、そして福島第一原発の事故から6年。熊本地震からも、まもなく1年がたとうとしている。いずれの地でも復興は道半ばで、いまも多くの人々が不自由な暮らしを強いられている。しかしその現実の一方で、「風化」は確実に進んでいる。4大都市圏のハザードマップと不動産の値動きを重ねあわせると、「人気の街」の災害危険度がはっきりとあぶり出された。帰宅困難者対策には「東高西低」の傾向が見て取れた。AERA3月13日号は、6年後のいまだからわかったことも含め、「震災時代」を生きるために知っておくべきことを特集。

あわせて読みたい

  • 「耐震上問題ない」マンションも地震で“真っ二つ” 専門家が原因探る

    「耐震上問題ない」マンションも地震で“真っ二つ” 専門家が原因探る

    AERA

    5/4

    震度6強以上で「危険」が都内に154棟 渋谷109やロアビルも…

    震度6強以上で「危険」が都内に154棟 渋谷109やロアビルも…

    週刊朝日

    5/22

  • 自然災害時の安全な避難のため、絶対に覚えておくべき「3つの条件」

    自然災害時の安全な避難のため、絶対に覚えておくべき「3つの条件」

    ダイヤモンド・オンライン

    11/24

    都区内に1万棟 「旧耐震基準マンション」建て替えの条件とは?

    都区内に1万棟 「旧耐震基準マンション」建て替えの条件とは?

    AERA

    9/1

  • 進まぬ東京のビル耐震化、土地や建物の複雑な権利関係も問題?

    進まぬ東京のビル耐震化、土地や建物の複雑な権利関係も問題?

    AERA

    5/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す