電気自動車オーダーメイド時代幕開け「AERAカー」発注してみた (2/6) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

電気自動車オーダーメイド時代幕開け「AERAカー」発注してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
作田裕史AERA
写真は既存のマイクロEVにAERAのステッカーを貼ったカスタマイズカー(本文中の「コンセプトカー」の実物ではありません)(撮影/今村拓馬)

写真は既存のマイクロEVにAERAのステッカーを貼ったカスタマイズカー(本文中の「コンセプトカー」の実物ではありません)(撮影/今村拓馬)

アイデアを描きとめたラフスケッチ。10枚以上になることもざら(撮影/高井正彦)

アイデアを描きとめたラフスケッチ。10枚以上になることもざら(撮影/高井正彦)

(左)小崎秀人さん(64):SCOOCAR社 代表取締役/遠藤亮一さん(52):R-factor Design/約5年前からタッグを組み始めた。小崎さんのとっぴなアイデアを、遠藤さんが試行錯誤して具現化するという役割。「発想が独創的すぎるので、いつも頭を悩ませています(笑)」(遠藤さん)

(左)小崎秀人さん(64):SCOOCAR社 代表取締役/遠藤亮一さん(52):R-factor Design/約5年前からタッグを組み始めた。小崎さんのとっぴなアイデアを、遠藤さんが試行錯誤して具現化するという役割。「発想が独創的すぎるので、いつも頭を悩ませています(笑)」(遠藤さん)

 遠藤さんのアドバイスに沿って、取材や撮影で必要な条件などを伝えていく。徐々にイメージが明確になり、具体的な車の造形がどんどんスケッチで描かれていく。時間にして約2時間、ラフスケッチは十数枚に及び、最初の打ち合わせは終わった。

「最初は、実現性はあまり考えずに、キーワードをなるべく多く出してもらうことが大切。思わぬアイデアに結びつくことも多いですから」(小崎さん)

 それから約2週間後。最初のラフが、詳細なイラストと構造を計算したコンピューター支援設計システム(CAD)で具現化されていた。ボディーはタフな使い方を想定してアルミパネルに。三脚などが載せられるハイルーフとなっていて、カメラマンが上半身を乗り出して撮影することが可能。ハンドルを外せばパソコンの作業台が現れ、電源車両にもなる。車体側面や後部の平面をAERA表紙やスポンサーのラッピングスペースとしても使用できる……など、口頭で伝えた要望がしっかり盛り込まれていた。

「ただ、機能面だけ追究してもつまらない。デザインだけでAERAを表現するため、後方部をシュッと絞ったシルエットにしたり、丸みをつけて当初案にあった『かわいらしさ』も残したりしました」(遠藤さん)

●費用は「こだわり」次第

 コンセプトカーとはいえ、制約なく作れるわけではない。同社の場合、基本となるのは、トヨタ車体の超小型EV「コムス」の規格。シャシーや動力系統はコムスの基盤を活用し、ボディーだけをカスタマイズすることで、費用を抑えている。

「150万円くらいで作るなら、ボディーだけを新しいデザインにしたほうが自由度が高い。動力部分まですべて作り替えると軽く1千万円を超えるし、安全性の保証ができない。車検取得も必要となり、ハードルが高くなってしまう」(小崎さん)

 次の工程は、模型による立体化。イラストを基にすぐにウレタン模型で立体化し、CADと合わせて形をチェックする。この段階で課題が見えることもある。


トップにもどる AERA記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい