亡くなった我が子を抱きしめる… 後悔しないためにできること

2017/02/23 11:30

 赤ちゃんの誕生は喜びと慈しみに包まれる大きな幸せだ。だが、悲しい出産の現実もある。たとえ産声があげられなくても、長く生きられなくても、小さな命の輝きは、かけがえのないものだと知ってほしい。AERA2月20日、27日号で反響を呼んだ連載「みんなの知らない出産」をお届けします。

あわせて読みたい

  • 赤ちゃんの死「タブー視」よりも支援が必要 日本に啓発週間を広めたい

    赤ちゃんの死「タブー視」よりも支援が必要 日本に啓発週間を広めたい

    AERA

    10/9

    「8日間でも親にしてくれてありがとう」 NICUと家族の物語

    「8日間でも親にしてくれてありがとう」 NICUと家族の物語

    AERA

    5/5

  • 我が子が「未滅菌」トレーに… 産院は天国と地獄が同居する場所だ

    我が子が「未滅菌」トレーに… 産院は天国と地獄が同居する場所だ

    AERA

    4/14

    流産や死産… 多くの経験者が明かす「一番つらかった」時期

    流産や死産… 多くの経験者が明かす「一番つらかった」時期

    AERA

    5/3

  • 「傷つけられるのが怖い…」赤ちゃんを失った家族の声 死産の実態への反響とは?

    「傷つけられるのが怖い…」赤ちゃんを失った家族の声 死産の実態への反響とは?

    AERA

    7/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す