飲める体質か飲めない体質か遺伝子検査で分かる

2017/01/25 16:00

 アルコール依存、薬物依存などの依存症は、生活習慣などではなく、病気だ。個人の意志や心がけなどで対応できるものではなく、治療が必要なもの。近年、医療現場ではさまざまな試みが行われている。AERA 2017年1月30日号では、依存症治療の最前線を大特集。

あわせて読みたい

  • 桜の開花ももうすぐ! お花見シーズン直前の今、知っておきたい「お酒のなぜ」をご紹介!

    桜の開花ももうすぐ! お花見シーズン直前の今、知っておきたい「お酒のなぜ」をご紹介!

    tenki.jp

    3/13

    お酒を飲むと「癌」や「認知症」のリスクが上がる? 英国で驚きの研究結果
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    お酒を飲むと「癌」や「認知症」のリスクが上がる? 英国で驚きの研究結果

    dot.

    4/10

  • 酒気帯び運転の山口達也容疑者の事件でわかった依存症の怖さ 元当事者の医師が語る

    酒気帯び運転の山口達也容疑者の事件でわかった依存症の怖さ 元当事者の医師が語る

    週刊朝日

    9/26

    忘年会、新年会、歓送迎会シーズン到来!今あらためて知りたい、宴席での失礼のないマナー&豆知識

    忘年会、新年会、歓送迎会シーズン到来!今あらためて知りたい、宴席での失礼のないマナー&豆知識

    tenki.jp

    12/18

  • お酒で顔が赤くなる人は要注意 食道がんの発症リスクが高い人とは

    お酒で顔が赤くなる人は要注意 食道がんの発症リスクが高い人とは

    週刊朝日

    3/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す