ぐっちーさん「12月ですべてチャラ、日本人の慣習に期待」

ここだけの話

ぐっちー

2016/12/19 16:00

 この12月ですべてがチャラになるわけですから、1年ですべて清算されてしまうという日本人の意識はなんとなくわかる気がしますね。12月31日が終わったからといって何かが変わる筈はないのですが、そうやって1年単位ですべてを新しくしてしまう発想はどうやらかなり前から日本人に根付いてきた慣習のようです。

 しかし、実際には単なる12月から1月への移行にすぎません。その意味ではマクロ経済的にも年が変わる、ということ自体にあまり意味はない筈ですが、多くの日本人がそういう意識を持っているのだとすると、年が変わることでマインドやお金の使い方などの意識が突如変わってしまうということも起こり得るので、前の年とは全く違う経済状況が生まれる可能性も。

 それこそ借金がチャラになってしまえば、翌年の経済行動に影響を及ぼすことが物理的にあり得ますし、そこまでいかなくても意識だけでもかなりの変化を期待することは可能でしょう。ということで、この年末年始が日本経済にとって大いなる転換点になるように願いたいものです。

AERA 2016年12月19日号

ぐっちー

ぐっちー

ぐっちーさん/1960年東京生まれ。モルガン・スタンレーなどを経て、投資会社でM&Aなどを手がける。本連載を加筆・再構成した『ぐっちーさんの政府も日銀も知らない経済復活の条件』が発売中

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2

あわせて読みたい

  • ぐっちーさん「『逃げ恥』見て考えた、女性の活躍のために夫婦別姓の議論を」
    筆者の顔写真

    ぐっちー

    ぐっちーさん「『逃げ恥』見て考えた、女性の活躍のために夫婦別姓の議論を」

    AERA

    12/20

    「みんな」でそう決めた、N社の役員たちの会話【ぐっちーさんの遺作から名作トップ10】
    筆者の顔写真

    ぐっちー

    「みんな」でそう決めた、N社の役員たちの会話【ぐっちーさんの遺作から名作トップ10】

    AERA

    3/7

  • ぐっちー「部下がトップの意向を忖度する“空気”にご用心」
    筆者の顔写真

    ぐっちー

    ぐっちー「部下がトップの意向を忖度する“空気”にご用心」

    AERA

    2/3

    ぐっちー「東芝の粉飾決算問題、アメリカなら経営者は即刻逮捕」

    ぐっちー「東芝の粉飾決算問題、アメリカなら経営者は即刻逮捕」

    AERA

    12/10

  • ぐっちー「プロの金融マンは『過小評価』を探すのが癖」
    筆者の顔写真

    ぐっちー

    ぐっちー「プロの金融マンは『過小評価』を探すのが癖」

    AERA

    12/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す