間もなく最終回! あなたもきっと陥る「逃げ恥ロス」への備え方 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

間もなく最終回! あなたもきっと陥る「逃げ恥ロス」への備え方

このエントリーをはてなブックマークに追加
高橋有紀AERA#ドラマ

間もなく最終回! あなたもきっと陥る「逃げ恥ロス」への備え方 (c)朝日新聞社

間もなく最終回! あなたもきっと陥る「逃げ恥ロス」への備え方 (c)朝日新聞社

 クリぼっちに冬季ウツ。今年は冬の憂鬱に、「逃げ恥ロス」が加わる。ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」が、12月20日で終わってしまう。

「逃げ恥終わったらぽっかり心に穴が開きそう」

「無事に年を越せるのか。新年以降、何を支えに暮らせばいいのか」

 まだドラマも中盤の11月上旬、すでにSNSには終了後の喪失感=ロスを怖がるファンの悲痛な叫びがあふれていた。「逃げ恥」は、TBS系で火曜夜10時から放送中のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の略称だ。

【写真】名場面!「逃げ恥」フォトギャラリー

 ドラマでのロス現象といえば、「あまちゃん」のあまロス、「あさが来た」の五代(ディーン・フジオカ)ロスが思い出される。いずれもNHK朝の連続テレビ小説で、月曜から土曜まで週6回の放送が半年間続いた末に起きた。暮らしのリズムに入り込むぶん、「ロス」に陥る危険性は高い。一方の「逃げ恥」は週1放送の3カ月クール。朝ドラを上回る強い中毒性があったということか。

●ムズキュンと合理主義

 まずは、ドラマの内容をおさらいしておこう。原作は海野つなみの漫画で、脚本は「図書館戦争」シリーズや「重版出来!」の野木亜紀子。実は、これだけでドラマ通にはたまらない組み合わせだ。

 主人公は新垣結衣(28)演じる森山みくりと、星野源(35)演じる津崎平匡(ひらまさ)。大学院卒で内定ゼロ、さらに派遣切りにあったみくりが、家事代行の仕事で「35歳恋愛経験なし」という平匡と出会い、仕事として「契約結婚」をするというラブコメディーだ。夫は雇用主で妻は従業員。恋愛感情のないただの雇用関係のはずが、一緒に暮らすうちに……と物語が展開していく。

 都内に住む30代の女性は、小学3年生の娘(9)と親子で「逃げ恥」を楽しんでいる。

「夜10時開始は娘には遅いので、録画して週末にゆっくり見ます。先に見てしまうと怒られるんですが、2回、3回と見ても楽しめる。星野源さんが好きで見始めましたが、ハマったのは、みくりさんの家事に対する考え方。家事を労働としてとらえ、その対価をもらうという考えに、全力で拍手を送りたいです」

 一方の娘は、

「ひらまさは優しいから好き。みくりちゃんの妄想がおもしろくて、引きずりこまれちゃう。(ドラマは)一生続いてほしい」

 といい、恋ダンスを練習中だ。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい