「いま一番人気があるんです」清水ミチコの最旬モノマネ“小池百合子” (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「いま一番人気があるんです」清水ミチコの最旬モノマネ“小池百合子”

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
しみず・みちこ 岐阜県出身。ラジオ番組の構成作家などを経て、87年、「冗談画報」でデビュー。有名人の声帯模写、顔まねで人気を博す。現在、デビュー30周年記念ツアー「清水ミチコ ひとりのビッグショー」開催中。来年1月2日には日本武道館公演が決定。詳しくはホームページで(http://4325.net/)(撮影/写真部・加藤夏子)

しみず・みちこ 岐阜県出身。ラジオ番組の構成作家などを経て、87年、「冗談画報」でデビュー。有名人の声帯模写、顔まねで人気を博す。現在、デビュー30周年記念ツアー「清水ミチコ ひとりのビッグショー」開催中。来年1月2日には日本武道館公演が決定。詳しくはホームページで(http://4325.net/)(撮影/写真部・加藤夏子)

清水さんはモノマネで武道館を満員にする、稀有な芸人だ=昨年のツアーから(c)ジャムハウス

清水さんはモノマネで武道館を満員にする、稀有な芸人だ=昨年のツアーから(c)ジャムハウス

 ひとくせある女性のモノマネで知られる、清水ミチコさん。最旬のネタは何と言っても「小池百合子」という。どの辺が魅力なんですか? 清水ミチコさんに聞いた。

*  *  *
 8月2日。日本初の女性都知事が誕生。同時に、日本初の都知事を真似する、女性モノマネタレントが誕生したわけです。「(小池都知事の声色で)それが、清水ミチコさん。わたくしも心から、応援申し上げます」

 この人をやりたいな、と思ったのは、選挙が始まったころ。テレビでお見かけする機会も増えて、「あ、いい声だな」と。でも、選挙中の候補者のモノマネは公職選挙法で一切ダメなんですよ。解禁を待ちわびながら練習して、8月4日、ラジオ番組で初お披露目。だからずいぶん上達してました(笑)。

 もともと私、年上のかっこいい女性が好きなんです。黒柳徹子さんとか、楠田枝里子さん、桃井かおりさん……。みなさん、パワーも知性もあって、インパクトも強い。その分、冷やかし甲斐があるというか。政治家では、田中真紀子さんとか、土井たか子さんとかね。

 政治家って、ネタにしてもめったに怒られないんですよ。芸能人だと、ファンが怒ってるとか本人が嫌がってるとか、すぐに聞こえてくるんですけどね。政治家は昔から、新聞や雑誌の風刺漫画に描かれたり、もともと揶揄されがちな存在なんでしょうね。

 そんなわけで、無事、都知事に当選なさった小池さんですけど、就任直後から大忙しです。いきなりリオ五輪の閉会式の大舞台はあったし、豊洲の市場移転問題に、東京五輪の開催地問題。テレビで彼女を見ない日はない。おかげさまで、こちらもやりやすいです。次は何してくれるだろう、何を言うかなってワクワクしながら見ています。

●コツは「ゆっくり着地」

 上手に百合子さんになるコツは、とにかく最後まではっきりと、語尾に向かうほどゆっくり、着地させるようにしゃべること。

 インタビューやスピーチを見て感心したのが、なんて滑らかに話す人なんだろうってこと。言葉に詰まるということがないし、受け答えが柔らかい。「厚化粧」だの「裏切り者」だの責められて、内面は怒ってても、スマイルでニッコリ。これに尽きると思いますね。

 考えようによっちゃ、すごく怖い人なのかもしれません。穏やかに見えて、絶対に負けない。そういう気持ちでモノマネしてます(笑)。今、ツアー中のライブでも、小池さんがスピーチするっていうネタがあるんですが、タイトルは「最後に笑うのは私」。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい