【ニッポンの課長】メットライフ生命保険「見上げればいつも前向き」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ニッポンの課長】メットライフ生命保険「見上げればいつも前向き」

このエントリーをはてなブックマークに追加
メットライフ生命保険「見上げればいつも前向き」メットライフ生命保険 ブランドマーケティング部 ブランドアクティベーション課課長 小林真(44)撮影/伊ケ崎忍

メットライフ生命保険
「見上げればいつも前向き」

メットライフ生命保険 ブランドマーケティング部 ブランドアクティベーション課
課長 小林真(44)
撮影/伊ケ崎忍

 アエラにて好評連載中の「ニッポンの課長」。

 現場を駆けずりまわって、マネジメントもやる。部下と上司の間に立って、仕事をやりとげる。それが「課長」だ。

 あの企業の課長はどんな現場で、何に取り組んでいるのか。彼らの現場を取材をした。

 今回はメットライフ生命保険の「ニッポンの課長」を紹介する。

【ニッポンの課長フォトギャラリーはこちら】

*  *  *
■メットライフ生命保険 ブランドマーケティング部 ブランドアクティベーション課 課長 小林真(44)

 全長約39メートル、高さ約13メートル。マストにつながれた飛行船がゆったりと揺れている。

「空を見上げて、前向きな気持ちになってほしい。その気持ちに寄り添っていきたい」というメッセージを込め、メットライフ生命が2010年から運航している飛行船だ。飛ぶ姿を見てもらうだけでなく、係留先ではコックピット見学や飛行船のしくみを解説するトークショーなども開いている。その企画・運営を担当しているのが、小林真と3人のチームだ。

 取材中、小林の口から何度も聞いて印象に残った言葉がある。

「妥協しない」

 営業系と違い、直接収益を上げる部門ではない。だからこそ、妥協しないというのだ。スケジュールや予算が限られた中で、「これだけしかできない」と妥協するのではなく、納得できる方法を探し求める。見て聞いて触れられる来場者参加型の催しも、その延長線で考えついた。

 大学卒業後、新聞社を経て、出版社で編集デザインの技術を培った。その後、印刷会社に転職し、企業のPRツールを制作。その実績が買われ、07年にアリコジャパン(現メットライフ生命)に移った。パンフレットや広告の制作に携わった後、14年、現在の部署に来た。

「常に前向きに、と心がけています。初めての試みでも、今の自分だからできることがあるはずだ、と考える。実際、これまでの経験すべてが、今の業務に生かされています」

 熱が入るのは仕事だけではない。プライベートでは妻とともに、DREAMS COME TRUEのコンサートで全国を飛び回る。

「お客様に最も選ばれる生命保険会社を目指し、他の保険会社がしたことのないことにチャレンジしていきたい」

 ふと顔を上げると、いつのまにか飛行船の周りにたくさんの人が集まっていた。

(文中敬称略)

※本稿登場課長の所属や年齢は掲載時のものです

(ライター・安楽由紀子)

AERA 2016年7月18日号


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい