フィギュアシーズン開幕! 男子シングル「4回転バトル」王者の戦い方は? (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

フィギュアシーズン開幕! 男子シングル「4回転バトル」王者の戦い方は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
今季は誰がどの4回転を跳ぶ? ※(初)は公式戦で初めて成功させた選手、(今)は今季のプログラムに入れている選手

今季は誰がどの4回転を跳ぶ? ※(初)は公式戦で初めて成功させた選手、(今)は今季のプログラムに入れている選手

 この試合では「フリーで4回転4本」にも挑戦。10月21日からのグランプリシリーズに向けて、こう自分を鼓舞した。

「次の試合ではノーミス、そうでなきゃ羽生結弦じゃない」

 トウループ、サルコウ、フリップ、ルッツと4種類を習得し、「フリーで4回転5本」に挑むネイサン・チェン(17、米)、4回転2種類を組み入れた無良崇人(25)、4回転サルコウ2本を入れる田中刑事(21)など、バトルは白熱。ループに挑戦し、認定されるジュニア選手も現れた。

●リスクのほうが大きい

 リスクもある。今季のルール改正で、4回転ジャンプで転倒した場合の減点は「マイナス4」(質のマイナス3と転倒のマイナス1)から「マイナス5」になった。4回転トウループの基礎点は10.3だが、転倒すると5.3、回転不足で転倒すると3.0。逆に、質の高い3回転トウループなら得点は最大5.4。未完成のうちに4回転に挑戦するリスクは大きい。

 羽生とフェルナンデスのコーチ、ブライアン・オーサーは、

「若手は4回転をたくさん跳べば勝てると思っているかもしれない。しかし結弦とハビエルの300点超を支えるのは、4回転の数ではなく質。4回転のみが対象ではありませんが、質の加点だけで2人とも、ショートで10点、フリーで20点も稼げる。これが王者の戦い方です」

 この2トップをどこまで脅かせるか。激戦がスタートする。(ライター・野口美恵)

AERA 2016年10月24日号


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい