日本発、薬使ったがんの「第4の治療法」は今年のノーベル賞候補

ノーベル賞

2016/10/03 16:00

 東京大学教授で国立がん研究センター研究所長を兼ねる間野博行氏は、医師になって初めて診た患者が忘れられない。

あわせて読みたい

  • 10ccの血液ががん治療を変える? 「リキッドバイオプシー」とは

    10ccの血液ががん治療を変える? 「リキッドバイオプシー」とは

    AERA

    2/8

    がん免疫療法が効くのはどんな患者? 治療効果を予測する方法を医師が解説
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    がん免疫療法が効くのはどんな患者? 治療効果を予測する方法を医師が解説

    dot.

    7/19

  • 6割は手術ができない“肺がん” 副作用少ない新薬で新たな光

    6割は手術ができない“肺がん” 副作用少ない新薬で新たな光

    週刊朝日

    5/30

    がん治療“第4の柱”と期待される「免疫療法」 米で新たな治療法も

    がん治療“第4の柱”と期待される「免疫療法」 米で新たな治療法も

    AERA

    2/10

  • 本庶佑教授ノーベル医学生理学賞受賞 がん治療薬「オプジーボ」の奇跡とは?

    本庶佑教授ノーベル医学生理学賞受賞 がん治療薬「オプジーボ」の奇跡とは?

    週刊朝日

    10/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す