「お前は世界最大の公害企業の手先」東電副社長 怒声うけて決めた“覚悟” (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「お前は世界最大の公害企業の手先」東電副社長 怒声うけて決めた“覚悟”

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
福島復興本社代表 石崎芳行さん(62)2月18日、福島県南相馬市小高地区で「復興に向けて何をしていけばいいのか」を考える会合が、主婦3人の提案で開催された。呼ばれた石崎は終了後、一人ひとりに礼を言い、出口まで見送った(撮影/編集部・野村昌二)

福島復興本社代表 石崎芳行さん(62)
2月18日、福島県南相馬市小高地区で「復興に向けて何をしていけばいいのか」を考える会合が、主婦3人の提案で開催された。呼ばれた石崎は終了後、一人ひとりに礼を言い、出口まで見送った(撮影/編集部・野村昌二)

 東日本大震災による未曽有の原発事故が起きてから5年が過ぎた。いまだにほとんどの周辺住民が元の家に帰れない。その怒りと悲しみを胸に刻んで、黙々と働く東京電力の社員たち。賠償、除染、清掃活動……。彼らはどんな思いで、汗を流し続けているのか。

 ふるさとを襲ったあの事故から5年。福島県南相馬市小高(おだか)地区で暮らす主婦3人が、小さな集会を開いた。「小高の復興に向けて何をしていけばいいのか」を考えるフリートーキング。そこに、東京電力福島復興本社の代表、石崎芳行(62)の姿もあった。

「東電憎しはあったけれど、私たちも結果として原発を容認してきた責任もある。これからは復興に向けて一緒に向き合っていきたい」
「福島第一原発の敷地内は汚染水タンクで埋め尽くされている。この現実を多くの人に伝え、これからどうするかをみんなで共有していかないといけない」

 3人からはさまざまな意見が出た。石崎は、すべてをじっと聞きながら、こう静かに答えた。

「事故を起こした我々が、どういうことをしていけばいいのか、一生懸命考えています」

 石崎が1977年、東電に入社したのは、「電気を作って送り届けることで世の中をよくしたい」という思いからだった。2007年からの3年間は、福島第二原子力発電所の所長として、地元の人や見学者にこう言い切っていた。

「原発は絶対に安全です。事故は起きません」

 自身も信じ込んでいたからだったが、全てウソだった。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい