AERA dot. 5th anniversary

精神科の名医の見極め方 薬は「◯◯に出す」が重要

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#病気

失敗しない“心のお医者さん”の選び方 かかり方―現役医師が教えます ! Amazonで購入する

失敗しない“心のお医者さん”の選び方 かかり方―現役医師が教えます !
Amazonで購入する

 うつ病と向き合うためには、良い医師との出会いが重要だ。医師を見極めるには、どんなポイントをおさえればいいのか。これまで延べ6千人以上の患者を診察してきた現役精神科医で、著書『失敗しない“心のお医者さん”の選び方 かかり方』を最近出版したTomy氏に、「名医」と思いこみやすいパターンについて解説してもらった。

■これって名医?「副作用の多い薬は出さない」

 ショック、アナフィラキシー様症状、消化管出血、ぜんそく発作…20もの副作用が添付文書に書かれた薬がある。実はこれ、抗うつ剤ではなく、おなじみの鎮痛剤「ロキソニン」だ。

「まず理解してほしいのは、副作用のない薬は存在しない、ということです。なじみのある薬なら、これだけの副作用を見聞きしても服用をためらうことはないかもしれませんが、聞いたこともない精神科の薬だったら、どうでしょうか」(同)

 ネットで処方薬の名前を検索すると、おどろおどろしい副作用の記述に出くわすことがある。それを読んで不安になり、医師に相談せずに服薬をやめてしまい、症状が悪化する患者が増えているという。

「ネットの情報を鵜呑みにせず、不安を感じたらまず医師に相談してください」(同)


トップにもどる AERA記事一覧

   病気 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加