精神科の名医の見極め方 薬は「◯◯に出す」が重要

病気

2015/07/11 11:30

 うつ病と向き合うためには、良い医師との出会いが重要だ。医師を見極めるには、どんなポイントをおさえればいいのか。これまで延べ6千人以上の患者を診察してきた現役精神科医で、著書『失敗しない“心のお医者さん”の選び方 かかり方』を最近出版したTomy氏に、「名医」と思いこみやすいパターンについて解説してもらった。

あわせて読みたい

  • Dr.倫太郎のような精神科医 実際にいたら要注意?

    Dr.倫太郎のような精神科医 実際にいたら要注意?

    AERA

    7/2

    「多剤服用」でうつや認知症の副作用も…それでも減薬が難しいワケ

    「多剤服用」でうつや認知症の副作用も…それでも減薬が難しいワケ

    週刊朝日

    1/21

  • 統合失調症 幻覚や妄想などの「急性期」でも通院治療のケースも

    統合失調症 幻覚や妄想などの「急性期」でも通院治療のケースも

    週刊朝日

    11/16

    薬の「食べログ」? 医師の4人に1人が使うSNS

    薬の「食べログ」? 医師の4人に1人が使うSNS

    AERA

    11/2

  • 「うつ病」治療の最前線 「引く治療」で回復へ?

    「うつ病」治療の最前線 「引く治療」で回復へ?

    週刊朝日

    9/30

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す