ハードル下がった?新型出生前診断 考えるべき事は

2015/03/04 07:00

 晩婚化などで、35歳以上で出産する人が増えている。出産年齢が高くなると妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病など合併症のリスクが増える。流産、早産、胎児の染色体異常の可能性も増す。

あわせて読みたい

  • がんなどの遺伝性疾患が不安なあなたが受けるべき「診療」

    がんなどの遺伝性疾患が不安なあなたが受けるべき「診療」

    AERA

    12/16

    新しい出生前診断「罪を犯しているよう」の声も

    新しい出生前診断「罪を犯しているよう」の声も

    AERA

    5/7

  • 新型出生前診断の増加は障害児排除につながらないのか

    新型出生前診断の増加は障害児排除につながらないのか

    AERA

    10/24

    40代では5割が流産 リスクを伴う高齢出産に産婦人科医が3つの助言

    40代では5割が流産 リスクを伴う高齢出産に産婦人科医が3つの助言

    AERA

    6/24

  • 胎児に障害があることがわかったら――あなたは

    胎児に障害があることがわかったら――あなたは"出産"と"中絶"どちらを選択しますか?

    BOOKSTAND

    12/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す