受精卵「渡航」で産み分け 生殖資本主義と欲望の果て

出産と子育て

2014/05/19 16:37

男女産み分けの需要もあり、着床前診断は卵子提供、代理出産と並び「生殖ツーリズム」の一メニューだ。
だが廉価なアジアへの渡航ではさまざまなトラブルも。抜け穴を突く新たなビジネスの是非は?
(ライター・古川雅子)

あわせて読みたい

  • タイに駆け込む“ワケあり”女性たち

    タイに駆け込む“ワケあり”女性たち

    週刊朝日

    10/20

    6月号金沢大学助教 日比野 由利 Hibino Yuri世界の現状を見据えた議論が必要

    6月号金沢大学助教 日比野 由利 Hibino Yuri世界の現状を見据えた議論が必要

    6/2

  • IQは金で買えるのか?中国の「天才赤ちゃんづくり」プロジェクト

    IQは金で買えるのか?中国の「天才赤ちゃんづくり」プロジェクト

    dot.

    7/21

    生殖ビジネス中心国・タイで日本人が「よいお客」の理由

    生殖ビジネス中心国・タイで日本人が「よいお客」の理由

    AERA

    5/21

  • 体外受精ダメでもその後自然妊娠 「腹腔鏡検査」はやるべき?

    体外受精ダメでもその後自然妊娠 「腹腔鏡検査」はやるべき?

    週刊朝日

    10/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す