まだ「モテマーケット」に入れる? ネット婚活の利点 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

まだ「モテマーケット」に入れる? ネット婚活の利点

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#婚活
花岡拡和・慶子夫妻「親子で散歩したり、旅行したり。そんな家族で“普通”の生活ができれば」という拡和さんの夢は現実に。慶子さんは「結婚した時より今の自分のほうが好き。結婚してチームができました」(撮影/今祥雄)

花岡拡和・慶子夫妻
「親子で散歩したり、旅行したり。そんな家族で“普通”の生活ができれば」という拡和さんの夢は現実に。慶子さんは「結婚した時より今の自分のほうが好き。結婚してチームができました」(撮影/今祥雄)

 徐々に浸透し始めているネットでの婚活。不安を持つ人もいるかもしれないが、ネットならではの利点も多い。

「お互い納得した人に出会えました」

 そう笑顔で話すのは、2009年11月に結婚した花岡拡和(ひろかず)さん(39)・慶子さん(34)夫妻だ。拡和さんは伝統的な手づくり信州味噌を製造する老舗の3代目。お見合いや結婚相談所への入会、お見合いパーティーなどさまざまな方法で婚活をしたが、ピンとくる出会いがなかった。「1人ぐらい良い人がいるかもしれない」と考え、07年秋に世界中に会員がいる結婚サイトへ入会した。

 妻の慶子さんは08年夏、たまたまテレビ番組で紹介された結婚サイトに登録した。拡和さんと同じサイトだった。一人っ子の慶子さんが求めた条件は、まず相手の家が自宅に近いこと。検索すると、いた。

「性格や趣味など、拡和さんのプロフィルはとても丁寧にたくさん書いてありました。真面目な人なんだなと思いました。寂しいから結婚相手を募集しているという感じがなく、一生懸命さが伝わってきました」


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい