「浪人できない」高3の冬 ゆとり課程の大学入試は今年最後 (2/5) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「浪人できない」高3の冬 ゆとり課程の大学入試は今年最後

このエントリーをはてなブックマークに追加

 従来の「詰め込み型」教育の反省から2002年度に小中学校で、03年度には高校で始まった「ゆとり教育」。学習内容や授業時間を削減して「生きる力」を育むのが狙いだったが、基礎学力の低下が指摘されたため、政府が05年に方針転換。09年から数学と理科で授業時間数が約15%増となる新たな学習指導要領(新課程)が前倒しで実施された。

 この結果、「ゆとり教育」の現課程で行われるセンター試験は今年で終わり、来年からは数学と理科が新課程に基づいて行われることになった。ちなみに再来年からは国語や英語も含めた全科目が新課程に切り替わる予定だ。

 私立高校3年の娘がいる都内の女性(47)も語る。

「娘が小学校に入ってから学校が完全週5日制になり、授業時間数も少なかったと思います。高校がしっかり指導してくれますし、今も娘はあまりガツガツ勉強するタイプではありません。受験生には、上を目指しながらも『入れるところに入ろう』という傾向はありますね。娘は難関私大志望なんですが、より易しい大学の推薦入試も受け、合格を早めに確保しました」

●劇的に変わるのは理科

 では、来年からは入試内容がどう変わるのか。具体的に見てみよう。

 数学は多くの受験生が現在と同じ2科目を受けることになるが、教科書のページ数が2割以上増えたことを反映して出題分野は当然増える。例えば「数学・・数学A」には「データの分析」や「整数の性質」が加わり、選択問題が出題される可能性もある。


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい